斎藤工、今年の初チョコはイケメンから

斎藤工とEDGE of LIFE

俳優の斎藤工が12日、今年最初のバレンタインチョコをイケメン2人から受け取った。



この日、斎藤が主演を務める、現在放送中のドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(日本テレビ系)の撮影現場を、ロックユニットのEDGE of LIFEが訪問。同ドラマの主題歌を担当しているEDGE of LIFEの2人は、斎藤をはじめ、窪田正孝、優香、山本美月、小野寺晃良らドラマの出演者へCDとチョコレートを手渡した。

チョコレートは、男性から送るということや自分たちがロックユニットであることから、スカルの形のものをチョイス。今年初めてのチョコだという斎藤は「男性っぽいスカルのチョコレートで考えて選んでいただいて、嬉しかったです」と喜んだ。
また、EDGE of LIFEの主題歌「Selfy Trick」については「ボーカルがハスキーな感じで、ドラマと共存していてストーリーの最後で盛り上げてくれる曲だったので、すごく嬉しかったです」とドラマとの相性の良さを語った。

初めて撮影現場を訪れたEDGE of LIFEの萩尾圭志(Vo)は「スタジオの雰囲気に緊張していたのですが、斎藤工さんがつつみ込むような優しい声で、話しかけてくれたので、安心して会話ができました」と話し、今村将也(G)も、窪田から「(撮影を)見においでよ」と声をかけられたことを明かし、温かく迎え入れてくれたキャスト陣への感謝を口にした。

この日の撮影ではEDGE of LIFEのメンバーが番組プレゼント告知も収録。この映像は2月21日放送回のエンディングでオンエアされる予定。
「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は本日14日(日)22時30分より第5話が放送される。

斎藤工 コメント

EDGE of LIFEからいただいたチョコが今年初めてです。男性っぽいスカルのチョコレートで考えて選んでいただいて、うれしかったです。
第1話が出来上がるまで楽曲の情報がなかったので、ビターな話のドラマとどう混ざりあうのか気になっていたんですけど、どこで流れるかと思っていたら、ドラマの一番最後にキャッチ―な感じで流れて。楽曲のボーカルがハスキーな感じで、ドラマと共存していてストーリーの最後で盛り上げてくれる曲だったので、すごく嬉しかったです。

萩尾圭志(Vo)

初めて撮影現場に入らせていただき、非常に感動しました。
スタジオの雰囲気に緊張していたのですが、斎藤工さんがつつみ込むような優しい声で、話しかけてくれたので、安心して会話ができました。
僕らの楽曲でドラマを盛り上げていきたい、という気持ちがさらに高まりました。

今村将也(G)

斎藤さんも窪田さんも演技中に見せるシリアスな表情から、コミカルなやり取りまで非常に面白くて、ドラマは毎週、楽しみにして見ています。
撮影中は皆さん非常に気さくで、窪田正孝さんからも「(撮影を)見においでよ」と声をかけられ、図らずも重要なシーンの撮影に立ちあうことができました。
撮影になるとさっきまでの和やかな空気が一変し、集中力が増していく様を目の当たりにして、プロの役者の凄みを感じました。僕も音楽に関して見習っていきたいと思います。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top