佐藤健&神木隆之介が「バクマン。」ビジュアルコメンタリー収録「何度見ても面白い」

俳優の佐藤健神木隆之介が4月20日に発売される映画『バクマン。』のBlu-ray&DVD豪華盤に特典映像として収録されるビジュアルコメンタリーの収録に臨んだ。


収録には佐藤、神木に加え、大根仁監督と川村元気プロデューサーが参加。劇場公開後も、本作の音楽・主題歌を担当したサカナクションのライブなどで顔を合わせていた4人だけに、収録がスタートして早々、進行役の大根監督が「監督とプロデューサーが今日の内容に合わせて最高(サイコー/佐藤)と秋人(シュージン/神木)のカラーに合わせて、青と赤の服を着ているのに、君たちはなんだ!」と佐藤と神木の衣裳にツッコミを入れるなど、和気あいあいと進行。

大根監督自らがカメラを持って撮影を行った、亜豆(小松菜奈)が登場するシーンでは「オレをドキッとさせて、とか言って撮ってましたよね。」と、佐藤曰く“ド変態プレイ”だったことを暴露。
神木は、全体を通して自分の芝居は、ほとんど「素だった」と明かす。2人の作業場となる最高の“おじさん”の部屋に入るシーンでのはしゃいだ芝居は「あれは、リハーサルでセットに入った時と同じテンション」と言い、佐藤も「すごく自然だった、馴染んでた」と賞賛した。
映画もクライマックスに近づくと、4人は思わず見入って黙ってしまうことも。数秒の沈黙のあと、佐藤は「あらためて見ると、いい映画ですね~」と、しみじみ。「マンガを描く、というだけでも、いろんな表現があって、本当に見入ってしまう」と感想を話した。

コメンタリーの収録を終えて、佐藤は「すごく情報量の多い映画。お芝居とか音楽とか美術とかライティングとか撮影とか、いろんな見どころがある映画」と再確認。神木は「映画を見るのは公開以来だけど、1人で観るのとこうやってみんなで観るのとでは違う。色々共有出来るし、発見も多かった。面白い気付きもあって、新鮮だった」と、2人とも「何度見ても面白い」と口を揃えた。

Blu-ray&DVDの豪華版には、新たに撮り下ろしたこのビジュアルコメンタリーのほか、メイキングなど豪華映像特典を収録。小畑健氏による描きおろしの劇中マンガ「この世は金と知恵」「CROW」や「KIYOSHI 騎士」「ラッコ11号」「味覚人少女美味」全5作の第1話も読める、160P(予定)におよぶ超豪華ブックレットや、同じく劇中に登場する“バックマンステッカー”も封入される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top