広瀬すず、同世代の役者たちと作り上げた初主演映画に感慨「財産になった」

「ちはやふる」完成披露試写会

映画「ちはやふる」完成披露試写会

女優の広瀬すずが24日、都内で行われた映画初主演作『ちはやふる』の完成披露試写会に出席。野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松岡茉優、小泉徳宏監督らと舞台挨拶に立った。



客席後方から登場したキャスト陣は、紅葉の降り注ぐ演出の中、本作を象徴する歌「千早振る 神代も聞かず竜田川 から紅に水くくるとは」をモチーフにした“紅”のカーペットの上を歩いてステージへ。広瀬は「“赤”に“紅葉”って本当に『ちはやふる』って感じ」としみじみ。
映画初主演については「まったく意識しなかったです」と率直な心境を述べつつ、「初めて自分で『こうしたい』とか、監督が『OK』って言っても『もう1回やってもいいですか?』っていうことが何回もあって、スタッフの皆さんには申し訳ないなって思う」と、自分の演技にこだわり抜いたよう。

これからの日本映画界を担う若手俳優たちが揃った本作。この日も壇上で仲睦まじい様子を見せていたが、広瀬は「現場にいると、みんなが私が演じる千早ちゃんの感情を引っ張ってくれることが多かったので、感謝の気持ちでいっぱいです」と同世代の共演者たちに感謝。
「自分の中にある感情だったり雰囲気だったりみんなとの距離感だったりというのがすごく刺激的で、同世代のパワーってこんなにもらえるんだって思った現場だった」と濃密な撮影期間を振り返りながら、「大人になってもずっと大事にしたいって思える仲間に出会えたので、それが映画の中にも生きていたらいいなと思います。全部が財産になりました」と感慨深げだった。

そんな広瀬と初めて共演し「初めて会った時から『なんだこのキラキラしたオーラは』」と圧倒されたと話したのは上白石萌音。「自分の考え方とか自分のお芝居のやり方をすごく持ってる人で、尊敬する。でも、みんなで楽しい時間の時は一番弾けてたかもしれないくらい、その温度差が激しくて、切り替えが上手。一緒にいて楽しいし、この映画ですずに会えたことは私の中で宝物になりました」と広瀬に魅了された様子。上白石の言葉を受けて、広瀬が「萌音ねえ、大好き」と微笑みを投げかけると、間に挟まれた野村が「俺に言ってるんじゃないの?今の」とおどけて会場を笑わせる一幕もあった。

また、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』など青春映画に定評のある小泉監督は、広瀬の演技について「映画を撮影していると、もうあと1回しかこのカットは撮れないという追い詰められる瞬間がある。そういう時にこそ彼女は素晴らしい芝居をバシッと1発で決めてくる。これがスターなんだなっていうのを初めて目撃した」と絶賛していた。

映画『ちはやふる』は、2016年3月19日「上の句」、4月29日「下の句」二部作連続公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top