SKE48宮澤佐江卒業コンサート 松井珠理奈が「SKE48ピンチ」と弱気発言も

アンコール (C)AKS

SKE48が4日、名古屋・日本ガイシホールで「みんな、泣くんじゃねえぞ。宮澤佐江卒業コンサート」を開催した。


タイトルにもある通り、同公演は3月いっぱいでSKE48を卒業する宮澤佐江の卒業コンサート。宮澤の雄姿を見届けようと、平日にもかかわらず会場には8000人のファンが詰めかけた。
また、演出や衣装選びにも宮澤自身が関わり、SKE48での活動の集大成の一夜となった。

オープニングはステージ中央で宮澤佐江がソロで歌う「奇跡は間に合わない」からスタートし、会場は早くも“佐江コール”に包まれる。
「コケティッシュ渋滞中」「ごめんね、SUMMER」「バンザイVenus」などシングルヒット曲メドレーを交えながら、MCでは宮澤佐江が所属するチームSのメンバーとの思い出話や、メンバーが宮澤を撮影したお宝ショットの公開でファンを楽しませた。

中盤は宮澤佐江とメンバーによるユニット曲コーナー。
宮澤を姉と慕う北川綾巴とは「狼とプライド」を歌唱。事前に「泣いてしまうかも」と話していた北川だったが、最後まで笑顔で歌い終えた。ダンスパートではSKE48とAKB48のダンス曲メドレーで盛り上げ、最後は3月30日発売の新曲「チキンLINE」から「パレオはエメラルド」「オキドキ」「今日までのこと、これからのこと」と人気曲のオンパレードで本編が終了した。

アンコールは、宮澤のイメージカラーである黄色と青の2色のスティックライトで会場が照らされ、「アイシテラブル!」「1!2!3!4! ヨロシク!」でスタート。ファンからのサイリウムのサプライズに宮澤がとうとう涙を見せる場面も。
卒業セレモニーではスクリーンに10年間の宮澤の軌跡が映し出され、会場は一転してお別れのムードに。3月30日リリースのSKE48最新シングルに収録される宮澤の卒業ソング「旅の途中」を初披露した後、宮澤が卒業スピーチ。ファン、スタッフ、家族、メンバーへの感謝の気持ちと「見てくれている人は必ずどこかにいる」とメンバーへメッセージを送り、スピーチを終えた。
ラストは本人が大好きな曲だという「約束よ」を全員で歌唱。花道に列ぶメンバーひとりひとりに宮澤が声をかけ、抱き合いながら別れを惜しんだ。
最後にメンバーから「佐江ちゃん、SKE48に来てくれて本当にありがとう」と声をかけると、宮澤は大粒の涙を流し、それでも最後は宮澤らしい元気な笑顔で「SKE48のみんな愛してます。ファンのみなさん大好き。ありがとう」と言葉を残して、ステージを後にした。

宮澤がステージを去ると、松井珠理奈が「佐江ちゃんにはいろんなことを教えてもらい、本当にいい方向にSKE48が変わっていったと感じています。正直これから不安だなという気持ちがあります。佐江ちゃんだけじゃなく、SKE48はいろんなメンバーが卒業していったので、その現実を受け止めなきゃなって思います。今、すごくSKE48ピンチだな」と弱気な発言も。
しかし、会場を埋め尽くしたファンの声援を受けて「私たちに出来ることはこれからもみんなで一生懸命に力を合わせて頑張っていくことしか出来ないと思いますし、これからは何があっても崩れることのないSKE48を創っていきたいと思いますので、みなさん、これからも私たちに力を貸して下さい。よろしくお願いします。」と今後の意気込みを伝え、ラストは「仲間の歌」でライブを締めくくった。

また、公演では宮澤卒業後の新体制も発表され、新生SKE48の門出ともなった。

■SKE48新体制

SKE48 キャプテン 斉藤真木子
チームSリーダー 矢方美紀 副リーダー松本慈子
チームKIIリーダー 大場美奈 副リーダー内山命
チームEリーダー 須田亜香里 副リーダー福士奈央



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top