内田理央、血まみれセーラー服で登場 ”ウルウル”の唇を絶賛され赤面

映画『血まみれスケバンチェーンソー』舞台挨拶

女優の内田理央が6日、都内で行われた初主演映画『血まみれスケバンチェーンソー』の舞台挨拶に登場した。


映画は「月刊コミックビーム」(KADOKAWA刊)にて連載中の同名漫画を実写化。突如としてクラスメイトが次々と改造人間に変貌し迫りくる環境下において、女学生の鋸村ギーコが自前のチェーンソーでそれらと戦うゾンビスプラッターアクション作品。

この日の舞台挨拶には血まみれのセーラー服にチェーンソーを担いだ内田をはじめ、共演の山地まり、佐藤聖羅、玉城裕規もそれぞれの劇中衣裳で登壇。
玉城が「ここの劇場までタクシーで移動して来たんですけど、ほぼこの格好で乗りました」と明かすと、内田も「タクシーの運転手さんは何も聞かなかったです」と話して会場を笑わせた。

舞台挨拶で内田は、山地との女性同士でのキスシーンを振り返り「めっちゃリップ塗っとかなきゃとか、歯磨きしなきゃとか思ってたんだけど、時間がなくて、撮影が過酷な状態だったので、カッサカサのまま……」と話すも、山地は「理央はそう言ってるけど、ウルウルだった」と至近距離で見た内田の唇を絶賛。「上唇のホクロが色っぽいなあって。逆になんでそんなに潤ってるんだろうなって不思議だった」と言われた内田は「照れちゃう」と頬を赤らめていた。
監督からは「長くエロくお願いします」との注文があったそうで、山地は「理央ちゃんが『長くエロくなんだ』って言って、本当に長くエロくしてきて、私は笑っちゃってNGを出しました」と数回撮り直したことを明かしていた。

『血まみれスケバンチェーンソー』はシネマート新宿、ユナイテッドシネマ豊洲ほかにて公開中。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top