福山雅治が音楽のルーツを訪ねる大型シリーズ特番がスタート 第1回は3.25放送

オーストラリア・ヨルング族と

福山雅治が“音楽の源流”を世界各地に訪ねるNHKのドキュメンタリー番組「福山雅治 SONGLINE ~歌い継ぐ者たち~」の放送が決定した。



番組は大型シリーズ企画として複数年に渡って放送され、人類における歌の起源に迫る第1回「人はなぜ歌うのか?」が3月25日(金)よる10時より放送。

今回、福山が訪れたのは独自の文字を持たない2つの民族。
オーストラリアの先住民・アボリジニの聖地と言われるオーストラリア北部のアーネムランドでは、そこに暮らすヨルング族のある家族を訪ね、今でも狩猟採集や移動生活を続けながら、神話やさまざまな言い伝えをつづった歌を大切に守っている彼らと交流を深めた。
その中で福山はギター1本で歌を贈り、ヨルングの人々は福山のために一族全員(30人)で神聖な儀式を披露。言葉や人種の壁を超えた音楽による交流が実現した。

中国・トン族と

中国・トン族と

続いて訪れたのは、中国の南西部・貴州省に暮らす少数民族、トン族。独自の文字を持たないが、自給自足の農耕生活を営みながら、歌で民族の歴史や独自のラブソングを2000年以上に渡って歌い継いできたトン族の結婚式を訪れ、歌で互い気持ちを伝えあいながら愛を育んできたカップルと出会う。
撮影最終日となった祭りの日には、村中から300人が集まり、福山のために「トン族大歌」の大合唱が行われ、福山はギター1本で自らの歌とトン族とのコラボレーションを試みる。

2つの民族の音楽に触れた福山は、「アボリジニのみなさんも、トン族のみなさんも、同じことを言っていたと思うんですが『歌は言葉よりも深く 届く』と。文字というものを文明が進化する過程で選ばなかった2つの民族が『音楽が1番伝わるんだ』『1番深いところに届くんだ』その民族が確信を持って、音楽を選んだ。音楽をなりわいとしている人間にとっては非常に感動的でした」と感慨深く振り返っている。

第2回は2016年夏に放送予定。リオデジャネイロでのオリンピック、パラリンピックを前にブラジル 音楽のルーツに迫る内容を予定している。
なお同番組は、上海メディアグループ、SMG Yunji Mediaとの国際共同制作を通じ、中国でも放送される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top