忌野清志郎が歌う「上を向いて歩こう」が阿部サダヲ主演「殿、利息でござる!」主題歌に

「殿、利息でござる!」

阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』の主題歌が、故・坂本九の名曲を忌野清志郎率いるRCサクセションがカバーした「上を向いて歩こう」に決定した。


磯田道史の「無私の日本人」(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を中村義洋監督が映画化する本作。舞台は今から250年前の江戸中期、藩の重い年貢により夜逃げが相次ぐ宿場町、仙台藩吉岡宿。困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がり、ついに地域を立て直した実在の人々の物語。
造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎を演じる阿部サダヲのほか、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平が出演。さらにフィギュアスケート選手の羽生結弦が友情出演することでも話題を呼んでいる。

忌野清志郎(ライブより)©Babys

忌野清志郎(ライブより)©Babys

楽曲起用の理由について池田史嗣プロデューサーは、「まず、曲から決めました。『上を向いて歩こう』はビルボードで全米一位を取った唯一の日本語楽曲。また多くの悲しみに直面したときに、人々が口ずさむ名曲中の名曲です。目の前の問題と向き合いながら、悲しみをこらえ、未来に向かって進んで行く庶民にとってこれ以上の応援歌はありません」と話し、「そこに込められたスピリットが今回の映画製作の志と完全に共鳴したから」と、数多あるカバーの中からRCサクセションのカバーバージョンを選んだ理由を説明。

自身もRCサクセションの大ファンという中村監督は「久しぶりに聴いてみて、なぜこの映画を、どうしても今作らねばならないと思ったのか、それを思い出させて頂きました。清志郎さんはこの曲をライブで演奏する時、『日本の有名なロックンロール!』と紹介していました。それには、こんなすごい曲があるんだぜ、という意味もあったと思います。それは、こんなすごい人がいたんだぜ、という、この映画を作る意義にも合致したような気がしています」と本作と楽曲との親和性を強調する。

池田氏は「勇気ある人々のドラマを締めくくり、映画を観てくれた方々に爽快なエネルギーを受け取っていただくには、時代やジャンルなど関係なく、この曲しかないと確信しています」と自信をのぞかせ、主演の阿部サダヲも「最後清志郎さんの声が聴こえてくるとは思っていなかったので感動しました」と、主題歌をすっかり気に入った様子だった。

映画『殿、利息でござる!』は5月14日公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top