殿に扮した羽生結弦の姿も!「殿、利息でござる!」本予告映像公開

「殿、利息でござる!」メインカット

5月14日公開の映画『殿、利息でござる!』の本予告映像が9日、解禁となった。


舞台は今から250年前の江戸中期、藩の重い年貢により夜逃げが相次ぐ宿場町、仙台藩吉岡宿。困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がり、ついに地域を立て直した実在の人々の物語。
造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎を演じる阿部サダヲのほか、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平が出演。さらにフィギュアスケート選手の羽生結弦が友情出演することでも話題を呼んでいる。

公開された映像では、年貢の取り立てや労役で困窮する仙台藩吉岡宿を守るため、藩に大金を貸し付け、利息を巻き上げるという、奇想天外な<宿場救済計画>の実現に向け、十三郎(阿部サダヲ)ら庶民9人の奮闘する姿がテンポよく映し出され、身の程知らずな彼らが、殿を相手にどのように立ち向かうかに期待が高まる内容になっている。
バレれば打ち首確実…。一見、緊迫した“実話”を元にした時代劇ながら、中村監督独特の演出と、キャラクターたちのコミカルなやりとりでユーモアたっぷりに描かれる。
そして本映像ではついに、羽生結弦扮する殿、仙台藩藩主・伊達重村の姿も映像初解禁されている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top