二階堂ふみ×山崎賢人「オオカミ少女と黒王子」 back numberの主題歌入り予告編解禁

『オオカミ少女と黒王子』

二階堂ふみと山崎賢人のW主演で実写化される映画『オオカミ少女と黒王子』の予告編が解禁となり、本作の主題歌を3人組バンド・back numberが担当することが明らかとなった。


本作は八田鮎子による人気少女漫画を『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』の廣木隆一監督が実写映画化。二階堂ふみと山崎賢人のW主演で描く、嘘つき少女とドS王子のラブコメディ。

解禁された予告編映像では、先日解禁された特報映像にもあった恭也(山崎賢人)がエリカ(二階堂ふみ)の“ほっぺをつねる”、“デコピン”、“三回まわってお手からワン”をさせるドSなシチュエーションに加え、エリカの嘘をばらそうとするイケメン男子・神谷(鈴木伸之)を殴るシーンや、恭也が放つ「お前は俺の彼女なんだから黙って守られてりゃいいんだよ」という女子なら胸キュン必至のシーンが新たに収められている。

back number

back number

また本映像では、back numberが書き下ろした本作の主題歌「僕の名前を」が初解禁。今10代20代を中心に絶大な支持を得ているback numberだが、映画の主題歌を担当するのは今回が初めて。嘘から始まる2人の恋、ずっと隠していた恭也の本当の気持ちをつづるような、切なくて胸キュンの歌詞がちりばめられたラブソングとなっている。
back numberの清水依与吏(Vo&G)は、「原作と台本を読んで、これは登場人物の気持ちを切り取るだけでなく、その後の物語へと繋げるイメージで曲を作るべきだと感じました。なのでタイトルも含め、誰かに好きだと伝えたり、告白をする、といったものにまた少し別の意味が加わった楽曲になったと思います」とコメント。

楽曲を聴いた主演の2人は「物語に寄り添うような、最後に余韻を残してくれる音楽でした。この作品にとって掛け替えの無いものになったと思います」(二階堂)、「back numberさんの曲をよく聞いていて今回主題歌を歌って頂けてすごく嬉しいです。恭也やエリカの恋に悩む姿が頭に浮かんできてすごく切なくなりました。作品に合った素敵な歌をありがとうございます!」(山崎)と絶賛している。

映画『オオカミ少女と黒王子』は5月28日公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top