乃木坂46生駒・松村・佐々木がアニメイト愛を熱弁「世界で一番好きな場所」

「アニメイト30周年プロジェクト」記者会見に登場した佐々木琴子、生駒里奈、松村沙友理(左から)

乃木坂46の生駒里奈、松村沙友理、佐々木琴子が17日、東京・池袋のアニメイト池袋本店で行われた「アニメイト30周年プロジェクト」の記者会見に登場。アニメ好きの3人ならではのアニメイトの思い出を語った。



アニメイトスタッフのエプロンにそれぞれの名札をつけて登場した3人。生駒里奈は「いつもアニメイトさんによく来るんですけど、店員さんになったみたいで、名札も作っていただいて本当に嬉しいです」とご満悦。上京前は地元の秋田店に通っていたといい、「その頃はお小遣いが少なくて、お年玉を全て漫画とグッズに捧げていました」と並々ならぬアニメ愛を明かした。

「中学時代、友達がいなくてアニメイトにばかり行っていたら、自分の好きなジャンルの棚のところで同級生に会って、友達になった」と明かす松村沙友理は、「アニメイトのおかげで友達ができました」と感謝。学校帰りに毎日通っていたという京橋店について「どこに何があるか完全に把握してます。ご案内できますよ」と自信満々に話す様子に、佐々木は「正直ちょっと引いちゃいました」と苦笑いを浮かべていた。

最後は3人に「あなたにとってアニメイトとは?」との質問。
佐々木は「私にとっては癒やしです。買ったグッズを見るだけで癒されるし、お金がないのであんまり買えないんですけど、アニメイトに行って見るだけですごい癒される」と回答。
生駒は「竜宮城」と表現し、「来るだけですごく嬉しいし、家に帰っても楽しさが続いていて、また次行こうって夢を持てる。世界で一番好きな場所」とアニメイト愛を熱弁。
一方、松村は「修行の場」とし、「膨大な商品の中から自分の一番好きな物を見つけなきゃいけない。ここに来たら精神を研ぎ澄まして、ただ自分の好きなものに向かって歩くという作業が修行の場だと思う」と話した。

アニメ・コミック・ゲーム・キャラクターグッズの専門店「アニメイト」を展開する株式会社アニメイトは、7月1日より「アニメイト30周年プロジェクト」を始動。17日の会見では、“アニメ店長”がモチーフの新ロゴマークや、今年11月の「アニメイトガールズフェスティバル2016」開催などが発表されたほか、同日より動画配信サービス「アニメイトチャンネル」をスタートし、会見の様子も生配信された。
会見には声優の斉藤壮馬、アニメイトの宣伝キャラクター“アニメ店長”の声を務める関智一も出席した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top