大島優子、忍装束でワイヤーアクションに挑戦 堤監督が絶賛

映画『真田十勇士』クランクアップ報告会見

女優の大島優子が17日、映画『真田十勇士』のクランクアップ報告会見に出席。本作のメガホンをとった堤幸彦監督から絶賛される一幕があった。


映画は、中村勘九郎を主演に迎え2014年に大ヒットした舞台「真田十勇士」を同作品の演出を手がけた堤監督が映画化。本作の全国公開と同時期に、堤監督演出による舞台も上演するという画期的な試み。
会見には大島、堤監督のほか、主演の中村勘九郎、松坂桃李、加藤雅也、大竹しのぶ、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、青木健の総勢14名が出席した。

映画『真田十勇士』クランクアップ報告会見に出席した大島優子

映画『真田十勇士』クランクアップ報告会見に出席した大島優子

くのいちの火垂(ほたる)を演じる大島優子は、劇中衣裳の忍装束で登場。
約2ヶ月半に及んだ撮影を振り返って「現場は見ての通り、男臭い現場だなって思いました。女性が2人しかいなかったので、1人になったりするとちょっと心細かった」と率直な想いを吐露。
「皆さんすごく仲が良くて朗らか」と撮影現場の雰囲気を伝え、「男同士の戦いということで、撮影に入ると皆さんキリッと表情が変わるのが、遠目から見ていて『ああ、素敵だな』って感じていました。その素敵な空間がきっと映像にも伝わっているんだろうなと確信しました」と作品に自信をのぞかせた。

撮影で特に大変だったシーンを聞かれると、「木を縦に走るアクションをワイヤーでやらせていただきました。というか、やらされました。監督はなんでもやらせるんですよ、私に」とボヤキ節。堤監督から「完璧でしたよ。木を縦に走る女優はあなたしかいない」と絶賛されると、「ありがとうございますともの言い難いですけど、自分へのチャレンジという意味では幅が広がったなと思います」と笑顔を見せていた。

舞台に引き続き猿飛佐助役を演じる主演の中村勘九郎は「時代劇、そして戦国ものということである程度は覚悟していたんですけど、予想以上の大変さだった」と過酷な撮影を振り返りつつ、「夢みたいな2ヶ月半でした。この作品に参加できたことを本当に誇りに思います。今までにない時代劇映画になっていると思います」と胸を張った。

メガホンをとった堤監督は「いろんな要素がギッシリ詰まって、盆暮れ正月がいっぺんに来たような映画。いま日本映画でできるあらゆることを詰め込みました。素晴らしいものになると信じております。ぜひご堪能いただきたい」と本作をアピールした。

映画『真田十勇士』は、9月22日公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top