乃木坂46永島聖羅、地元・名古屋で卒業コンサート 母からのサプライズに涙

乃木坂46を卒業する永島聖羅

3月19日(土)・20日(日)の2日間にわたり、名古屋国際会議場センチュリーホールにて「乃木坂46アンダーライブ全国ツアー2016〜永島聖羅卒業コンサート〜」が開催された。



昨年12月に日本武道館で開催された「乃木坂46アンダーライブat日本武道館」で発表された永島聖羅のグループ卒業。永島にとって今回の卒業コンサートが乃木坂46としてのラストステージとなる為、ファンの間ではチケットも争奪戦。プレミアライブとなったコンサートは、2日間3公演で合計9,000人を動員した。

今回のコンサートのセットリスト(曲順)は、永島本人が披露したい楽曲をセレクトして決めたもの。
Overtureでコンサートがスタートすると、ファンのボルテージは最初から最高潮。永島は「最高なライブにしましょう!」とオーディエンスに笑顔を贈った。
2日目の昼公演ではサプライズで選抜メンバーの深川麻衣と齋藤飛鳥もステージに駆け付け、グループ内バンド「乃木團」として氣志團の「One Night Carnival」のカバーや、「狼に口笛を」を生演奏で歌唱。永島に続き卒業を発表している深川麻衣の「乃木團は存続し続けて欲しい」というコメントに、ドラム担当の齋藤が号泣する姿も見られた。

2日目の夜公演では、来週発売するニューシングル「ハルジオンが咲く頃」にカップリング収録されるアンダーメンバー楽曲「不等号」を初披露。
MCパートでは、永島宛の手紙をメンバーが読むコーナーを設け、1日目は斉藤優里、2日目の1公演目は川村真洋が担当したが、最終公演では、スタッフが永島の母親に事前にアンケートを依頼し、それに基づいて制作されたVTRを上映。本人には知らされておらず、予期せぬサプライズに永島の目には涙が溢れた。
最終公演のラストの曲となる「乃木坂の詩」では、ステージに立っていない選抜メンバーの映像がスクリーンに映し出され、全メンバーで永島を送り出す演出となった。

永島聖羅は2011年8月に1期生として乃木坂46に加入。2014年6月にスタートしたアンダーライブではMCを担うなどリーダーシップを発揮し、ムードメーカーとしてグループを盛り上げてきた。卒業後については明らかにされていない。

乃木坂46アンダーライブ全国ツアー2016〜永島聖羅卒業コンサート〜

日程:2016年3月19日(土)・20日(日)
会場:名古屋国際会議場センチュリーホール

●3月19日(土)セットリスト

M1:君の名は希望
M2:制服のマネキン
M3:狼に口笛を
M4:ロマンスのスタート
M5:ダンケシェーン
M6:嫉妬の権利
M7:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M8:サイコキネシスの可能性
M9:心の薬
M10:音が出ないギター
M11:自由の彼方
M12:ガールズルール
(メドレーコーナー)
M13:やさしさとは
   でこぴん
   魚たちのLOVE SONG
   隙間
   他の星から
   あらかじめ語られるロマンス
M14:左胸の勇気
M15:13日の金曜日
M16:僕がいる場所
M17:扇風機
M18:君は僕と会わない方がよかったのかな
M19:無表情
M20:ここにいる理由
M21:ハウス!
M22:走れ!Bicycle
M23:悲しみの忘れ方
※本編終了
EN1:気づいたら片想い
EN2:転がった鐘を鳴らせ!
EN3:太陽ノック
EN4:今、話したい誰かがいる

●3月20日(日)昼公演セットリスト

M1:君の名は希望
M2:命は美しい
M3:ここにいる理由
M4:ロマンスのスタート
M5:ハウス!
M6:嫉妬の権利
M7:気づいたら片想い
M8:人はなぜ走るのか?
M9:初恋の人を今でも
M10:会いたかったかもしれない
M11:自由の彼方
M12:ぐるぐるカーテン
(メドレーコーナー)
M13:やさしさとは
   でこぴん
   魚たちのLOVE SONG
   隙間
   他の星から
   あらかじめ語られるロマンス
(乃木團コーナー)
M14:One Night Carnival
   狼に口笛を
M15:僕がいる場所
M16:生まれたままで
M17:涙がまだ悲しみだった頃
M18:遠回りの愛情
M19:ダンケシェーン
M20:走れ!Bicycle
M21:悲しみの忘れ方
※本編終了
EN1:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
EN2:転がった鐘を鳴らせ!
EN3:シャキイズム
EN4:何度目の青空か?

●3月20日(日)夜公演セットリスト

M1:制服のマネキン
M2:命は美しい
M3:狼に口笛を
M4:ロマンスのスタート
M5:ダンケシェーン
M6:嫉妬の権利
M7:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M8:傾斜する
M9:失いたくないから
M10:世界で一番 孤独なLover
M11:自由の彼方
M12:おいでシャンプー
M13:不等号
(メドレーコーナー)
M14:やさしさとは
   でこぴん
   魚たちのLOVE SONG
   隙間
   他の星から
   あらかじめ語られるロマンス
M15:左胸の勇気
M16:13日の金曜日
M17:僕がいる場所
M18:春のメロディー
M19:別れ際、もっと好きになる
M20:ひとりよがり
M21:ここにいる理由
M22:ハウス!
M23:走れ!Bicycle
M24:君の名は希望
※本編終了
EN1:気づいたら片想い
EN2:転がった鐘を鳴らせ!
EN3:ロマンティックいか焼き
EN4:乃木坂の詩
Double EN1:ダンケシェーン
Double EN2:ハウス!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top