主題歌起用が相次ぐチャラン・ポ・ランタン、松田翔太主演ドラマも担当

姉妹音楽ユニットのチャラン・ポ・ランタンが、4月スタートの松田翔太主演ドラマ「ディアスポリス -異邦警察-」の主題歌を担当することが発表された。



チャラン・ポ・ランタン

チャラン・ポ・ランタン

「ディアスポリス -異邦警察-」は、MBS・TBS深夜“ドラマイズム”枠で放送スタートする、不法滞在外国人による自治コミュニティの世界を描いたドラマ。熱狂的な支持を得ながらも際どすぎる世界観から実写化不可能といわれてきた伝説の漫画を原作に、松田翔太を主演に迎え、強力な監督陣でドラマ化。同時に映画化のプロジェクトも進行中という話題作。

この作品の主題歌に、「ディアスポリス」の無国籍かつアンダーグラウンドな雰囲気を表現できる希なアーティストとしてチャラン・ポ・ランタンが抜擢された。
チャラン・ポ・ランタンが歌う主題歌「月」は、故郷で居場所を無くした訳あり外国人たちを描いたディアスポリスの世界を体現するかのように、力強くも郷愁漂う楽曲に仕上がっている。

チャラン・ポ・ランタンは、3月より放送スタートしたMBS・TBS深夜ドラマ「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」の主題歌も、元SKE48の松井玲奈とのコラボによる“松井玲奈とチャラン・ポ・ランタン”名義で担当。
今回発表となった「ディアスポリス」に加え、5月公開の映画『少女椿』の主題歌担当も決定しており、主題歌への起用が相次いでいる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top