板野友美、ファンと一緒に富士急“高飛車”で絶叫!?

富士急ハイランドの「高飛車」に乗る板野友美

板野友美が21日、富士急ハイランドでファンと一緒に絶叫アトラクションを楽しんだ。


これは板野の初主演映画『のぞきめ』と富士急ハイランドのタイアップ「映画『のぞきめ』×富士急ハイランド 絶叫コラボキャンペーン」を記念して開催されたイベントの一環。同イベントでは、4月20日発売の新曲で映画『のぞきめ』の主題歌「HIDE & SEEK」を歌唱後、同作のメガホンをとった三木康一郎監督と、共演の入来茉里を交えてトークショーが実施された。

映画『のぞきめ』の主題歌「HIDE & SEEK」を歌う板野

映画『のぞきめ』の主題歌「HIDE & SEEK」を歌う板野

絶叫マシンが大好きで富士急ハイランドにも家族や友人とよく来るという板野は、「高飛車とFUJIYAMA、ええじゃないかが好きで、乗ります。絶叫優先券を朝早くゲットして、それまでの時間で他のも乗ります!」と板野流の楽しみ方を披露。
3人でのトークでは、三木監督が「撮影が朝早かったんですけど、板野さん朝テンション低いんですよね(笑)それを高めるのが大変でした(笑)」と撮影の裏話を明かすと、今度は入来が「監督はよくモニターを通して、とも(板野)のこと『かわいい』って言ってました!」と暴露。板野は「私の前では言ってくれなかったです(笑)」と残念がっていた。

同作には板野演じる主人公の恋人役で俳優の白石隼也も出演しているが、「人見知りなので、あまりしゃべりませんでした」と板野。三木監督は「演技のことではなく、しゃべりなさい!と怒りましたね(笑)」とキャストたちのコミュニケーションに困惑していたようで、入来も「ともと白石くんがいつ仲良くなるのか、みんな心配してました」と笑っていた。

トークショーの後は、会場に集まった600人の観客とじゃんけんを行い、最後まで勝ち残った4名とともに板野と入来が、 最大落下角度121度の大型ローラーコースター「高飛車」を楽しんだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top