でんぱ組.inc「ファンキル」コンセプトフィルム主題歌は「いつもよりシリアスな曲」

株式会社フジゲームス設立発表会

株式会社フジゲームスの設立発表会

アイドルグループ・でんぱ組.incが25日、東京・台場のフジテレビで行われた株式会社フジゲームスの設立発表会に出席。



「ファントム オブ キル」のイメージキャラクターを務めるでんぱ組.inc。古川未鈴は、「アプリゲームとは思えないくらいのゲーム性の高さが魅力。普段ゲームをやったことのない方でも、バリバリのゲーマーの方でも楽しめる」とあらためて本作をPRした。

でんぱ組.incは、ゲーム本編の前日譚が描かれるコンセプトフィルム『ファントム オブ キル ーZEROからの反逆ー』の主題歌も担当。今夜20時からのニコニコ生放送で初オンエアされる同楽曲について、相沢梨紗は「歌詞の中にゲームのストーリーの基になったワードが散りばめられていて、でんぱ組のいつもの曲よりは、かなりシリアスな曲になりました」と楽曲を紹介した。

また、コンセプトフィルムの内容について、成瀬瑛美は「『ファントム オブ キル』の世界がどうやってできたのかとか、キル姫がどうやって生まれたのかっていう『ファンキル』の世界の核心に迫る内容になっています」とコメント。アニメの世界から飛び出したような独特の声に、会見の司会を務めたフジテレビの笠井信輔アナウンサーから「成瀬さんは声優さんなんですか?」と問われると、「違うんですけど、ちょっと声が元気な感じって言われます」と満面の笑みで答え、会場の笑いを誘った。

株式会社フジゲームスはフジ・メディア・ホールディングスおよびフジテレビジョンがゲーム事業を行う新会社として設立。スマートフォン向けゲーム「ファントム オブ キル」や「誰が為のアルケミスト」をリリースしてきたFuji&gumi Gamesも子会社とし、同社グループのゲーム事業全体を統括する。

会見にはフジテレビの番組「みんなのKEIBA」とコラボレーションした競走馬育成ゲーム「ダービーロード」公式サポーターを務める女優の足立梨花と競馬評論家の井崎脩五郎も出席したほか、モデルで女優の武田玲奈がスマートフォン向けタクティクスRPG「誰が為のアルケミスト」の公式サポーターに就任したことや、4月よりフジテレビONEで放送開始するe-Sportsの新番組「いいすぽ!」のMCをお笑いタレントのバカリズムが担当することなどが本人出席のもと発表された。
さらに、同社のゲーム音楽全般をプロデュースするサウンドプロデューサーにX JAPANのToshIが就任。「メイドインジャパンのカルチャーを世界中のゲームファンに届けるお手伝いをしたい」と意気込みを語り、まずはサウンドロゴの製作からスタートすることを明かした。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top