フジテレビの新ゲーム会社設立発表会にX・ToshI、バカリズム、武田玲奈、足立梨花ら出席

株式会社フジゲームス設立発表会

25日、フジ・メディア・ホールディングスおよびフジテレビジョンがグループのゲーム事業を統括する新会社として設立した株式会社フジゲームスの設立発表会が東京・台場のフジテレビにて行われ、X JAPANのToshI、お笑いタレントのバカリズム、モデルで女優の武田玲奈、女優の足立梨花、アイドルグループのでんぱ組.incらが出席した。

武田玲奈はスマートフォン向けタクティクスRPG「誰が為のアルケミスト」の公式サポーターに就任したことが発表され、「私自身、アニメやゲームがすごく好きなので公式サポーターになれて嬉しいです」と喜びのコメント。「キャラクターがすごい可愛くて、声優さんも豪華でテンションがあがる。本当のアニメみたいで感動しました」と同作をプレイしてみての感想を述べた。

4月よりCS放送フジテレビONEで放送開始するe-Sportsの新番組「いいすぽ!」のMCを担当することが決定したバカリズムは、「今でも休みの日は10時間くらいゲームをやる」というほどのゲーム好き。ゲームで競い合う「eSports」は、海外ではすでに競技として認知された国も多く、年収1億円を超すプロゲーマーも存在する。バカリズムは「ゲーム上手い人はもっと評価されるべきだと思う。昔から『ゲームばっかりやって』って怒られてきたタイプなので、(番組が)いいきっかけになればいい」とゲーム好きらしい熱い想いを語った。

発表会の最後には、同社のゲーム音楽全般をプロデュースするサウンドプロデューサーにX JAPANのToshIが就任したことが発表された。
コンピューターゲーム黎明期のテニスゲームやプロ野球ゲームのプレイ経験があるというToshIは「最近のゲームはまったく知らない」といい、「今回のお話をいただいてから勉強するようになりました。いろんなことが高度になっていてビックリした」とゲームの進化に驚いたという。
サウンドプロデューサー就任は「自分にとってもチャレンジ」だと強調し、「メイド・イン・ジャパンのカルチャーを、世界中のゲームファンの皆さんに届けるお手伝いをしたい」と意気込みを語った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top