斎藤工、ラブシーンの相手役から「プロ」と絶賛され「2級持ってます」

映画「無伴奏」初日舞台挨拶

俳優の斎藤工が26日、都内で行われた映画『無伴奏』の初日舞台挨拶に出席。ラブシーンを演じた遠藤新菜の言葉におどける一幕があった。


映画は直木賞受賞作家、小池真理子の半自叙伝的小説が原作。学園闘争真っ只中の1970年代前後の仙台を舞台に、クラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」で出会った4人の激しい恋と青春を描く。舞台挨拶には、本作に出演した成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜、そして矢崎仁司監督が登壇した。

想いを寄せる祐之介を演じた斎藤工を相手に、初の濡れ場に挑んだエマ役の遠藤新菜が、斎藤について「ああいうシーンに関してはプロだと思うので……」と話すと、会場から笑いが漏れ、斎藤も「そうですね、プロフィールに書いてあります。2級を持ってます」とジョークを飛ばす。
遠藤は「やっぱりプロだなあって思いましたよ、いろんな意味で」と笑いながらも、「冗談抜きで、素敵にリードしてくださった。包容力もあるし、でもミステリアスさも持ち合わせている祐之介っていうのをしっかり感じていたので、ずっとエマでいさせていただけた」と斎藤との共演を振り返った。

斎藤が本作で演じた祐之介は大学生という設定。「実年齢と距離があるなと思ったんですけど、キャスティングされた以上、役者は堂々と現場に臨めばいいと教えられた」と話し、「SNSだったり携帯電話が存在しない時代に人と人がどう交流しているかとか、最後に交わした言葉が自然と重みを持っているような時代に、とてもヤキモチを妬きました。すごく内面的に豊かな時代だったんだなと思います」と作品の舞台となった時代への思慮をめぐらせた。

様々な経験を通し少女から大人の女性へと成長する主人公・野間響子を演じた成海璃子は「最初にお話しいただいた時に、最終的にいろんなものを背負って1人生きていく役だなと思ったので、そこは背負うぞという覚悟はあった」と気概を見せる。
また、恋人役を演じた池松壮亮について「素晴らしいです。本当に頼れる人で、一緒にいる時間も一番長かったので、いろんな話もして、たくさん助けてもらいました」と絶賛。MCから「素敵ですね、池松さん」と言葉をかけられた池松は「なんか素敵ですね」と照れ笑いを浮かべていた。

舞台挨拶では主題歌を歌う女性5人組バンド・Drop’sの中野ミホ(Vo&Gt)も登壇し、主題歌「どこかへ」を生歌唱した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top