大泉洋、新CMの映画化熱望「なんとかもっていけないかな」

「アサヒ もぎたて」CM発表会

「アサヒ もぎたて」CM発表会に出席した吉田鋼太郎と大泉洋

俳優の大泉洋と吉田鋼太郎が29日、都内で行われたチューハイ新商品「アサヒ もぎたて」のCM発表会に出席した。


2人は4月5日より全国でオンエアされる新CM「24時間以内への挑戦篇」に出演。CMは工場を舞台に商品が生まれるまでを描く本格ドラマ仕立てとなっており、大泉が新任工場長、吉田がベテラン社員、モデルで女優の菜々緒が研究員をそれぞれ演じている。

「スピーディな撮影で、CMなんだけど映画を撮っているような現場だった」と撮影を振り返る大泉は、「仕上がりも映画みたいでカッコいい。なんとかこのまま映画までもっていけないかなと思ってるんですけど」と会場の笑いを誘う。
吉田が今回初共演となった菜々緒について「ドラマでは悪女みたいな厳しい役が多いけど、実際はふわっとした方。話しづらいのかなと思っていたけど全然そんなことない」と印象を述べると、大泉は「今まで悪女のイメージが強い分、今回はちょっと真面目なね」と話し、「今後、映画になった時には悪女になる可能性もありますけど」と、やはり映画化の野望を捨てきれないようだった。

イベントでは、その菜々緒がビデオ出演し、「上司にするなら大泉か、吉田か」を激白。「仕事となると大泉さんはちょっと面白すぎる。楽しい話に脱線しちゃったりとか、楽しすぎて仕事を忘れてしまったりすることを考えたら、吉田さんかな」と吉田が選ばれると、VTRを見ていた大泉は「あれじゃ俺が真面目に仕事してない人みたい。彼女が僕の何を知っているっていうんだ」とヘソを曲げ、「もぎたてのCM発表会にこのコーナー要りますか?」と企画そのものが腑に落ちない様子だった。

4月3日に43歳の誕生日を迎える大泉。イベント中にサプライズでバースデーケーキが登場し、吉田が「大きなケーキに相応しい大きなスプーンで食べていただきたい」と特大サイズのスプーンを持ち出すと、大泉は「私の口のサイズわかってます?」と苦笑い。「北海道で使う除雪用のスコップみたいな懐かしさがありますけど」と困惑しながらも「せっかくだからこれで」と特大スプーンでケーキをすくいあげるが、口には入らず。結局、普通のスプーンを使ってケーキを口に入れ、「すごい美味しい」とご満悦だった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top