「デスノート2016」池松壮亮演じるLの後継者“竜崎”の場面写真が解禁

「デスノート2016」池松壮亮演じる竜崎

2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE』の10年後の世界を描く続編『デスノート 2016』の場面写真が解禁された。


本作の舞台となるのは、デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月(藤原竜也)と、命をかけてキラを食い止めたL(松山ケンイチ)の対決から10年後。“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という「6冊ルール」をキーワードに、キラ復活を望む者、それを阻止する者たちによる「デスノート」をめぐる頭脳戦が繰り広げられる。

このほど解禁されたのは、池松壮亮演じる世界的名探偵・竜崎の場面写真。当時のLと同じ偽名を名乗るこの男は、Lと同様にワイミーズハウスで英才教育を受け、L亡き後、ワイミーズメンバーと共に世界中の難事件を解決している。
Lが生前に遺した遺伝子から生まれ、Lと並ぶ天才的頭脳と行動力を持つことから、“Lの正当な後継者”として、インターポールを始め世界中の諜報機関・捜査機関が一目を置く一方で、要注意人物として警戒されてもいる存在。

Lといえば漫画原作や前作で見せた、椅子の上での体育座りに似た座り方が特徴だったが、解禁された場面写真の竜崎は、気だるげに椅子に座り、何を考えているかわからないところはLから受け継ぎつつも、より傲慢で妖しげな雰囲気を醸し出している。

もう1枚の場面写真は“ひょっとこ”のお面をつけた竜崎の姿。これは、相手の顔を見ただけでその名前が分かるデスノートのルール「死神の目」に対抗すべく顔を隠すためのもの。前作でもLが月に会うときに被っていたが、Lの“ひょっとこ”に比べ、竜崎のお面は幾分禍々しいものとなっており、竜崎の特異なキャラクターがうかがえる1枚となっている。

映画『デスノート 2016』は10月29日(土)公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top