宮澤佐江がSKE48劇場で卒業公演「悔いはひとつもありません」

宮澤佐江 (C)AKS

3月31日(木)、名古屋・SKE48劇場にて宮澤佐江の卒業公演が行われた。


宮澤は2014年4月より2年間SKE48を兼任。SKE48チームSのリーダーを務めてきた。
卒業公演は公演序盤から既に涙を浮かべるメンバーもいる中、宮澤はいつものように満面の笑顔で楽曲を披露。「卒業公演らしいんですけど、本当に自分自身実感がなくて困っております。今日は楽しみたいと思います。」というコメント通り、宮澤らしく終始笑いの絶えない本編となった。

アンコールでは、ファンからの“佐江ちゃん”コールがおこるなか、彼女の思い出深い楽曲が多数披露された。
宮澤がSKE48を兼任してからの軌跡をまとめた映像が流れ終わると、ドレスを着た宮澤がステージに登場。本人の卒業曲である「旅の途中」を熱唱すると、卒業する宮澤と彼女を送り出すメンバーやファンも別れを惜しむ涙をこぼした。

最後に宮澤は「本当に私はSKE48に感謝しています。アイドルとしてのやるべきことは自分でもうやったと思うし、悔いはひとつもありません。だけど、SKE48のメンバーと離ればなれになることがすごく寂しいです。(中略)こうやって私が(アイドルとしての)終止符を打たせていただけたのもSKE48とファンの皆様のおかげです、本当にありがとうございます」と想いを伝え、卒業公演の幕が閉じた。

チームS「制服の芽」公演 宮澤佐江劇場最終公演 セットリスト

―Overture
M1 恋を語る詩人になれなくて
M2 合格Kiss
M3 アンテナ
M4 制服の芽
M5 思い出以上
M6 狼とプライド
M7 女の子の第六感
M8 枯葉のステーション
M9 万華鏡
M10 ジェラシーのアリバイ
M11 Doubt!
M12 仲間の歌
M13 水のないプール
M14 楽園の階段
M15 ピノキオ軍
M14 手紙のこと
アンコール
EN1 放課後レース 〜 消せない炎 〜 DIRTY 〜 素敵な罪悪感(メドレー)
EN2 RESET
EN3 旅の途中
EN4 彼女がいる



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top