元NMB48山田菜々、渡辺美優紀の卒業示唆にコメント

4月1日ビックリマンの日 ギネス世界記録認定セレモニー

「4月1日ビックリマンの日 ギネス世界記録認定セレモニー」に出席したトレンディエンジェルと山田菜々

NMB48の山田菜々が1日、都内で行われた「4月1日ビックリマンの日 ギネス世界記録認定セレモニー」に出席。NMB48の渡辺美優紀が今年の総選挙を辞退したことについてコメントした。



山田菜々はこの日、お笑いコンビ・トレンディエンジェルとともにイベントに出席。
NMB48の渡辺美優紀がトークライブアプリ「755」でファンに向けて卒業を示唆する内容を投稿し、6月18日に新潟・HARD OFF ECOスタジアムで開催される「AKB48 45thシングル選抜総選挙」への立候補を見送ったことについて報道陣から質問されると、「私は全然わからない」と特に相談などを受けている様子は見せず、「でも、いい感じにみるきー(渡辺)の道を進んでもらえたら。もし悲しんでたらビックリマンチョコをいっぱいプレゼントしたい」とコメント。トレンディエンジェルの斎藤司が「糖分をね」と言い足して周囲の笑いを誘っていた。

4月1日は一般的に、人をビックリさせるエイプリルフール。ビックリマンのコンセプトである、人を「ビックリ」させることにこだわる記念日として、日本記念日協会へ「ビックリマンの日」として正式に登録されていることから、この日は78,400枚のビックリマンシールを貼りあわせた1辺13.4メートル・面積約180.775平方メートルの“ビッグ”リマンシール「スーパーゼウス」を制作。3人が最後の3枚を貼り付け、無事、ギネスワールドレコーズ®公式認定員により「世界最大のステッカーモザイク」としてギネス記録に認定された。
イベントでは、ビックリマンシールには天使、悪魔、お守りの3種類があることから、「自分にとって天使は?」と聞かれた山田は、「もうすぐ誕生日なんですけど、昨日、渡辺直美さんがお財布を買ってくれると言ってたので、まさに天使」と目を輝かせていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top