NMB48山本彩&矢倉楓子、香港国際映画祭に初参加 熱烈歓迎に感動

香港国際映画祭で舞台挨拶に立った山本彩と矢倉楓子

中国・香港で開催中の第40回香港国際映画祭にて『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』の記者会見および上映会が行われ、NMB48の山本彩と矢倉楓子が香港の地を踏んだ。


本作は“女性アイドル不毛の地”と呼ばれた大阪で成功を収めたアイドルグループ・NMB48初のドキュメンタリー映画。
第40回香港国際映画祭「I See it My Way」部門へ正式出品され、AKB48グループのドキュメンタリー映画としては初の海外映画祭出品となった。

4月3日午後12時頃、香港国際空港では100人以上ものファンがいまか今かと待ち構え、2人が姿を見せると大歓声が巻き起こり、香港でも変わらぬ人気の高さをうかがわせた。また、車まで移動する際にも、ファンからのプレゼントやサイン攻めに笑顔で応じるなど、現地のファンとの交流を楽しんでいる様子もあった。
その後、ハイアット・リージェンシー香港へ移動し、50名を超えるテレビや新聞などのマスコミ向け記者会見を舩橋淳監督とともに行った。

夜には映画祭会場の沙田大會堂(Sha Tin Town Hal)で行われた上映会で舞台挨拶に登壇。800人の満席の観客から歓声を浴びた。
メンバー、監督ともに自己紹介を広東語で行うと、会場からはひときわ大きな歓声と拍手が沸き起こり、温かく彼女たちを迎え入れた。

山本は「ドキュメンタリー映画を撮ってもらえて日本で公開出来ただけで驚きだったのですが、この歴史ある香港映画祭でも上映されることになり非常に嬉しく思います。またドキュメンタリー映画としては48グループ初の映画祭出品となったので、NMB48として48グループの中で1番と呼べるものができたのは本当に良かったと思います」と感慨深げに喜びを語り、矢倉は「香港から握手会のために日本へ来てくださるファンの方も多くて、空港でも多くのファンが集まって頂いて、いつも感謝しております。日本でも舞台挨拶を行ったのですが、それにも負けないくらい香港の皆さんは熱狂的で感動しました」と現地のファンへ感謝の気持ちを伝えた。
最後は山本から突然の提案により、観客と一緒に記念撮影も行われ、涙を流す女性ファンなどもおり、会場は異様な盛り上がりとなった。

同映画祭関係者は「NMB48のチケットが全作品の中で一番先に完売してたので、盛り上がることは予想してましたが、こんなに盛り上がった舞台挨拶は過去にも例がなく、NMB48のパワーを改めて感じました」と述べている。

「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」
監督:舩橋 淳
企画:秋元康
出演:NMB48
©2016「DOCUMENTARY of NMB48」製作委員会
公式サイトURL:www.2015-nmb48.jp



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top