永野芽郁「カルピスウォーター」第13代CMキャラクターに決定

「カルピスウォーター」第13代CMキャラクター・永野芽郁

女優の永野芽郁が「カルピスウォーター」の第13代CMキャラクターに抜擢された。



長澤まさみや能年玲奈など、歴代数々の有名女優が務めた「カルピスウォーター」のCMキャラクター。4日、都内で行われた新CM発表会に出席した永野は、「小さい時から大好きだったカルピスウォーターのCMに自分が出れると聞いた時はすごく嬉しかったです。歴代の先輩に負けないように頑張らないとという気持ちになりました」と喜びを語った。

4月5日より全国で放送される新CM「登場」編は、10代の若者の何気ない日常を切り取り、今しかない青春をまっすぐかけぬける姿を描く。
朝早くから何度も同じ場所を走る撮影が続いたが、永野は「走るのが大好きなので、海の風を当たりながら走っていて、楽しかったです」と笑顔。「自分自身高校生活を楽しめたらという想いでいたので、みんなでワイワイ撮影するのが楽しかったです」と撮影を振り返った。
現在16歳。「私自身新学期が始まって、クラス替えも会って、友達がうまくできるかなとか、いろんな不安やワクワクがあるのですが、今しかない時間なので、この瞬間を皆さん一緒に楽しんでいけたらと思います」と全国の同世代に向けてメッセージを送った。

この日、永野はランニングマシンで走り続けることで、隣にある「カルピスウォーター」ボトルが徐々に起き上がっていき、「カルピスウォーター」ボトルが立ち上がったら成功という「青春ランニング」企画にも挑戦。見事成功させ、「カルピスウォーターのCMキャラクターとして頑張ります!」と意気込みを叫んだ。

なお、CMソングにはBUMP OF CHICKENの最新アルバム「Butterflies」から「宝石になった日」が決定。「撮影中も気分を上げるためにずっと聴いてたので、自然と歌詞も覚えて、大好きな曲になりました」と永野もすっかりお気に入りのようだった。

■新CM「登場」編 場面カット



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top