三代目JSBの新作が発売初週で今年度最高アルバム売上記録 登坂から喜びのコメント

三代目J Soul Brothers

人気ダンス&ボーカルグループの三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが3月30日にリリースした最新アルバム「THE JSB LEGACY」が初週47.6万枚を売り上げ、4/11付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:3/28〜4/3)で初登場1位を獲得した。


売上枚数47.6万枚は、現時点における今年度オリコンアルバムランキング(ランキング日付:2015/12/28付〜、実質集計:2015/12/14〜)のランクイン作品の累積売上でトップの数字。発売初週にして現時点での今年度最高アルバム売上を記録した。

今作は、世界的DJ/プロデューサー・Afrojackとのコラボでも話題を集め、第48回日本有線大賞を受賞した「Summer Madness」と、第57回 輝く!日本レコード大賞を受賞した「Unfair World」といった2015年を代表する2曲をはじめ、CRAZYBOY(ELLY)が初参戦した待望の新曲「Feel So Alive」や、自身初のドキュメンタリー映画主題歌「Born in the EXILE」、江崎グリコ「ポッキー」CMソングで話題のTHE Sharehappi「Share The Love」など新録曲も加えた、聴き応えのある1枚。

ボーカルの登坂広臣は「先日リリースさせて頂いたアルバム『THE JSB LEGACY』が前作の『PLANET SEVEN』と同様、多くの皆さんの手に届いた事を大変嬉しく思います!」と喜びを露わにし、「今作は代々受け継がれてきたJ Soul Brothersの歴史や魂を受け継ぎ活動してきた僕ら三代目が、これから新たな歴史を築き上げ、新たな姿を見せる一枚となっています」と作品に込めた想いを述懐。「これからも歩みを止める事なく精進し、引き続き最高の音楽、エンターテイメントを皆さんにお届け出来るよう頑張りたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top