斎藤工、恋愛の勝率はいまひとつ? 剛力彩芽との関係に変化も

東京シティ競馬のイルミネーション点灯式に出席した斎藤工と剛力彩芽

俳優の斎藤工と剛力彩芽が6日、東京・大井競馬場で行われたイルミネーション点灯式に出席した。


昨年に引き続き東京シティ競馬(TCK)トゥインクルレースのイメージキャラクターを務める2人。
斎藤工は「去年本当にいろんな初体験をこのTCKでさせていただいたので、今年もやらせていただけるのが嬉しい。2年目ならではの僕らにしかできない何かを探していけたら」と話し、剛力は「去年は知らないことばかりで、知らないことを覚えていく1年だった。また今年も引き続きやらせていただけるということで、もっともっといろんな方に魅力をお届けしながら私も楽しんで、素敵な1年にできたら」と2年目の抱負を語った。

2人の活躍もあり、女性客を中心に来場者が増えたというTCK。今年はTCKでトゥインクルレースが始まって30周年という節目の年。この日は2人のスイッチで30周年バージョンの新イルミネーション「Journey-illumination~光の世界を旅する~」が点灯。斎藤は「いろんな色の火だったり、その奥に水があったり、スケールアップしていますね。この1年間ここに足を運んでくださる方が増えたっていうのも、家族みんなで楽しめるこういうエンターテイメントがあるからなんじゃないかな。大井競馬場のストロングポイントだなと思いました」と新しいイルミネーションの感想を述べた。

点灯式後に行われた囲み取材では、斎藤が「また剛力さんとやらせていただけるのが嬉しくて、2年目ならではの空気感というか、フレッシュではあるんですが、段階を経てる2人の空気が出たらいい」と2人が出演する新CMについてコメント。
実際の2人の関係にも変化があったようで、斎藤は「剛力さんの作品を見る目が変わりました。母心みたいなところもあったり」と、以前より親近感を感じている様子。一方の剛力も、「いつも“齋藤さん”と呼ばせていただいているんですけど、気づいたら“工さん”とか、勝手により近くなった感じ」と話した。

報道陣から競馬の成績を聞かれた斎藤は「半々くらい。今日次第で勝ち越すか負け越すか決まりますね」とニヤリ。「恋愛では大穴を狙うタイプ?」と聞かれると、「どうですかね。恋愛の3連単ってなんか嫌ですね。順位をつけてる感じがしますね」といって周囲を爆笑させつつ、「勝ち越してはいないと思う」と控えめに語った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top