松井玲奈主演舞台「新・幕末純情伝」 相手役・坂本龍馬はノンスタ石田

「新・幕末純情伝」松井玲奈&石田明

松井玲奈が主演を務める、つかこうへい七回忌特別公演「新・幕末純情伝」の全キャストが発表された。


「幕末純情伝」は、幕末の京都を舞台に「新撰組の沖田総司が実は女だった」という、つかこうへいのユニークな着想のもと、1989年8月、PARCO劇場にて幕を上げた。以降、「熱海殺人事件」「飛龍伝」と並ぶつか氏の代表的な作品として愛され、これまで幾度となく上演されている。

今回、紅一点、沖田総司の九代目を務めることになった松井玲奈に続いて全キャストが発表となり、松井演じる沖田総司の相手役となる坂本龍馬をお笑いコンビ・NON STYLEの石田明が演じることが明らかとなった。

TVなどでは役者のイメージが薄い石田だが、実際にはお笑い芸人の傍ら 数多くの舞台に出演。近年では演出まで手掛けるほど役者としての評価も高い。
演出の岡村俊一氏は「一見、異種格闘技戦のようにも見える2人。お互い役者としての意地をかけた戦いを魅せる舞台になると思う。それは大衆のための演劇とも称された『つか作品』の原点ともいえる俳優のエネルギーのぶつかり合いを再現できるはずだ。新しい俳優との出会いが七回忌公演にふさわしいものになるだろう」と2人の共演に期待を込める。

そのほか、舞台を中心に大活躍中の細貝圭。日本一の剣の使い手・早乙女友貴。2.5次元から本格ミュージカルまでこなす実力派・味方良介、D-BOYSの荒井敦史、阿佐ヶ谷スパイダースより伊達暁など、多彩なキャストが揃った。

つかこうへい七回忌特別公演「新・幕末純情伝」は6月23日から東京・天王洲銀河劇場で上演。その後、紀伊國屋ホール、大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演される。チケットは5月14日より一般発売。

「新・幕末純情伝」公演概要

■劇場・公演期間:
東京・天王洲銀河劇場 2016年 6月23日(木)~7月3日(日)
東京・紀伊國屋ホール 2016年7月6日(水)~7月17日(日)
大阪・梅田芸術劇場メインホール 2016年7月22日(金)~7月24日(日)
■作:つかこうへい
■演出:岡村俊一
■出演:松井玲奈 石田明
細貝圭 早乙女友貴 味方良介 荒井敦史 伊達暁 永田彬
黒川恭佑 久保田創 須藤公一
大石敦士 吉成将 高橋邦春 縄田雄哉 村井亮

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top