山崎賢人、中国で過酷ロケ 「キングダム」実写プロジェクトで主人公・信を熱演

キングダム連載10周年 実写特別動画プロジェクト グラフィック

原泰久の人気漫画「キングダム」が連載10周年を迎え、実写による特別動画プロジェクトがスタート。俳優の山崎賢人が主人公・信を演じていることがわかった。



2006年より週刊ヤングジャンプ(集英社)で連載中の同作は、中国・春秋戦国時代が舞台。戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は奴隷のような身だが、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き出す。

今回の実写動画の撮影は、日本の漫画作品としては初めて、中国浙江省にある“東洋のハリウッド”と呼ばれる世界最大級の映画撮影所・横店影視城で行われた。
山崎は太陽、砂埃、雨、泥の過酷な撮影環境の中、逆境に立ち上がる主人公・信を見事に演じきった。

3分間の特別動画は4月18日(月)13時公開。これに先駆けて、ティザーサイトが本日よりオープン。山崎賢人が果敢に敵に立ち向かう姿を象徴したグラフィックも公開となった。
また、4月19日(火)23時からフジテレビにて放送される「有吉弘行のダレトク!?」内で60秒のスペシャルバージョンがオンエア予定となっている。(関東圏内のみ)



■キングダム実写特別動画プロジェクト ティザーサイト:
http://youngjump.jp/kingdom_10th/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top