「デスノート2016」リューク役は中村獅童が続投

「デスノート2016」のリューク

10月29日公開の映画『デスノート2016』の第4弾キャスト情報が解禁され、『DEATH NOTE』および『DEATH NOTE the Last name』で死神・リュークの声を担当した歌舞伎役者・中村獅童の続投が明らかとなった。


本作は2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE』の続編。デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月(藤原竜也)と、命をかけてキラを食い止めたL(松山ケンイチ)の対決から10年後の世界を舞台に、キラ復活を望む者、それを阻止する者たちによる「デスノート」をめぐる頭脳戦が繰り広げられる。

前作で主人公・夜神月が拾ったデスノートの本来の持ち主である死神・リューク。『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』、そして2006年から2007年にかけて放送された連続アニメ「DEATH NOTE」でも、中村獅童がその声を担当した。
続編となる本作への参加決定に中村は「私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです」と喜びを露わにしている。

あわせてリュークの場面写真も解禁となった。フルCGで描かれる死神の肌や髪、羽、皮の質感の表現は、VFXの10年間の進化によってリアリティを増し、佐藤信介監督の新解釈によりスタイリッシュに、そしてよりダークにビルドアップ。さらに、佐藤貴博プロデューサーによると、今作では中村のフェイシャルキャプチャーも行い、表情の芝居もCGに落とし込んでいるという。
また、本作では“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という「6冊ルール」がキーワードとなることから、6冊のノートとともに、新たな死神も登場する。

中村獅童コメント

出来上がりがどんな風になるのかなっていうのが私自身もすごく楽しみです。今までのデスノートファンの方、映画を観て好きになった方など、いろいろな方がいらっしゃると思いますが、この作品でまた新しいデスノートが誕生したのではないのかなという風に思います。私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top