大手芸能事務所・レプロエンタテインメントが浅草に劇場をオープン

長谷川京子、新垣結衣、羽田美智子、清水富美加らが所属する芸能事務所・レプロエンタテインメントが創立25周年プロジェクトの一環として、浅草に劇場とホテルと飲食店の複合施設「浅草九倶楽部(アサクサココノクラブ)」をオープンすることがわかった。


浅草九劇

浅草九劇

2017年春オープン予定の同施設2階に設けられる劇場は「浅草九劇(アサクサキュウゲキ)」。日本を舞台に活動する多くの小劇団にとって、その才能を遺憾なく発揮することのできる舞台となるような劇場であり、これから世界へ羽ばたこうとするエンタテインメントの才能たちにとって、“ふるさと”となるような劇場を目指していくという。

2017年のこけら落としYEARは、劇団・ベッド&メイキングスがトップバッターを務め、レプロ所属の川島海荷の出演も決定。他にもカンパニーデラシネラ、ONEOR8、子供鉅人といった話題の劇団がラインナップされ、公式サイトでは2017年5月以降に公演が可能な劇団の募集も開始される。また、レプロエンタテインメント所属の若手俳優による公演も定期的に行われる予定。

2020年の東京オリンピックを見据え、浅草から世界にアピールできる「浅草九倶楽部」の誕生に期待が高まる。
なお、併設のホテルは「WIRED CAFE」などを展開するカフェ・カンパニーが初のホテル事業として手掛ける。

浅草九倶楽部公式HP:asakusa-kokono.com



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top