山﨑賢人・二階堂ふみら人気若手俳優たちがついた「嘘」を発表

映画『オオカミ少女と黒王子』ジャパン・プレミア

映画『オオカミ少女と黒王子』のジャパン・プレミアが27日、都内で行われ、二階堂ふみ、山﨑賢人、鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒、廣木隆一監督が舞台挨拶に立った。


本作は八田鮎子による人気少女漫画を『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』の廣木隆一監督が実写映画化。二階堂ふみと山崎賢人のW主演で描く、嘘つき少女とドS王子のラブコメディ。
女子高生のエリカ(二階堂)は街で見かけたイケメンを盗撮し、女友達に彼氏だとウソをつくが、彼は同じ学校の佐田恭也(山﨑)であることが発覚。事情を打ち明けると、「彼氏のフリをしてあげるよ」と優しい言葉を投げかけてくれた恭也だったが、「3回まわってお手からワン!だな」と突然ドS王子に豹変。エリカは“絶対服従”という条件を突きつけられる。

今回のジャパン・プレミアは、嘘から始まる恋がテーマとなっている本作らしい「嘘」で幕開け。
映画の予告編が上映された後、客席後方の扉にスポットライトが当たり、キャストが入場してくるかのような演出に会場中が一斉に沸き返るも、扉からは誰も入ってくる気配はなし。実はキャストはすでに客席に座っており、一斉に立ち上がると、場内に悲鳴のような歓声が響き渡った。

登壇したキャスト陣は映画のテーマにちなみ、これまでについた「嘘」を告白。
二階堂は「“人見知り”って言いたい時期があった。人見知りってかっこいいみたいな。で、『私、人見知りです』って言い続けてたら、本当にちょっと人見知りになちゃって、そんな嘘つかなければよかったなと思った」と後悔。
山﨑賢人は今回の撮影期間中に鈴木伸之と共謀し、プロデューサーのふりをして吉沢亮に電話をかけたというエピソードを披露するも、観客の反応はいまいちで、鈴木と顔を見合わせて「俺たちだけ面白がってる」と苦笑いを浮かべていた。

玉城ティナは「(プロフィールで)体重が公表されてるけど、1~2kg太ってもバレないかなと思って、そのままにしてます」と告白しつつも、「でも今日で痩せるから大丈夫」とニッコリ。菜々緒は「どうしても柿が食べたくて、地元のスーパーで柿を漁っている時に『菜々緒さんですか?』って声をかけられて『違います』って嘘をつきました」と恥ずかしそうに語っていた。

映画『オオカミ少女と黒王子』は5月28日全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top