広瀬すず「下の句」初日に感無量の涙も…続編製作決定にパニック

「ちはやふる -下の句-」初日舞台挨拶

女優の広瀬すずが29日、都内で行われた映画『ちはやふる -下の句-』の初日舞台挨拶に登壇した。



舞台挨拶に立ったのは広瀬すずをはじめ、共演の野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、松岡茉優、メガホンをとった小泉徳宏監督の8人。
映画初主演となった広瀬は本作で演じた綾瀬千早役ついて、「原作ファンの方の中で(イメージが)完璧に出来上がっている女の子で、正直、こんなに怖いなあって思ったことはなかった」と打ち明け、「でもそれを気にせず、変に意識せず現場に行ける雰囲気を作ってくれた」と共演者に感謝。「みんなで同じものを吸収して、出し合ってっていう、その空間が自分の中では不思議な空間で、お芝居をしてるんだけど、お芝居じゃない距離感と体温だった。こんなにエネルギッシュに感じるものは最初で最後なんだろうなと思います」と感慨深げに振り返った。

続けて野村が「このキャストでできたことが素晴らしいと思ってたし、監督含めスタッフの皆さんも明るく若手俳優を見守ってくださっていたので、楽しい作品になった。今日以降みんなに会わないと思うと寂しい気持ちでいっぱい」と話し、真剣佑は「『ちはやふる』という作品に出会えて、仲間と出会えて、役者としてすごくたくさんのものを得た気がしています。それが今後の俳優人生において財産だと思いますし、僕にとって『ちはやふる』はスタートラインだと思っているので、僕の中でも大切な作品で、みんなとの出会いが宝物です」としみじみ。
その後もキャストたちが1人ずつ順に作品や共演者への想いを語ると、広瀬の目には涙。野村や松岡らから「すず、頑張ったもんね」「みんなすずが好きだよね」「本当にお疲れ様」と追い打ちをかけられ、「本当にやめて。みんな嫌い!」と顔を覆った。


舞台挨拶の後半では、原作者・末次由紀からの手紙が届けられた。すでに涙目の広瀬は「一番ダメなやつじゃん。」と困惑の表情。主要キャスト1人1人への感謝の想いが綴られた手紙を司会者が代読し、最後には「皆さんが演じる新しい『ちはやふる』がもう一度観られることを心の底から喜んでいます。次回作もよろしくお願い致します」と読み上げられ、後ろのスクリーンに「ちはやふる続編製作決定!」の文字が映し出されると、キャストと観客から割れんばかりの大歓声が沸き起こった。

広瀬はコメントを求められるも、目に涙を浮かべたまま「待って、待って。ごめんなさい、ちょっとわかんない」とパニック状態。
マスコミ向けのフォトセッションの後であらためて「最後じゃないんだね。それが今すごく嬉しい。公開された『上の句』と『下の句』を超えるようなものを、もう一度ここにいるみんなと作りたい」と続編への意気込みを語った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top