木村了主演で「浦島太郎」舞台化 乙姫は上原多香子

オリジナルミュージカル「TARO URASHIMA」

おとぎ話の「浦島太郎」をモチーフにしたオリジナルミュージカル『TARO URASHIMA』が2016年8月11日~15日に明治座にて上演されることが決定した。


主人公・浦島太郎役を演じるのは木村了。ヒロインの乙姫役に上原多香子。乙姫のじいや的存在でネガティブシンキングなカメ役には斉藤暁、太郎の友人の漁師で、家族思い・友達思いのムサシ役は崎本大海、帝役に特別出演の和泉元彌、そして、美しいが嫉妬深い竜王の正室にはとよた真帆が決定。
脚本を手掛けるのは俳優で脚本家の池田鉄洋。日本人なら誰もが知っているが、同時に多くの謎に包まれた物語を、新たな解釈でリメイクする。

木村了 コメント

皆さんこんにちは。明治座8月公演『TARO URASHIMA』に浦島太郎役で出演させて頂きます!
国民的な昔話の主人公を演らせて頂く事に大変光栄な気持ちと共にプレッシャーも程よく感じております。
共演の皆さんもとても個性豊かな魅力的な方々なので、楽しみにしていて下さい。
そして、『TARO URASHIMA』の世界を堪能して頂けるように、座組一丸となって創って参ります。

上原多香子 コメント

TARO URASHIMA で乙姫役を演じさせて頂くことになりました、上原多香子です。
誰もが知っている有名なおとぎ話『浦島太郎』。その物語がミュージカルとして上演されると聞き、舞台上でどのようにして描かれるのかとても興味を持ちました。
子供ながらに抱いた玉手箱の謎など、どんな作品になるのか私もワクワクしております。
浦島太郎をモチーフに今年、新たに生まれ変わるオリジナルファンタジーミュージカル『TARO URASHIMA』お楽しみに!

脚本:池田鉄洋 コメント

子供の頃、母に読み聞かせてもらった浦島太郎。その物語はとてもシンプルで、今でもソラで語れるほどに覚えています。
「浦島太郎でミュージカルを」そう聞いて、私はあらためて浦島太郎の物語を読んでみました。謎だらけでした。
なんで漁師なのに亀を助けるの? なんで乙姫は玉手箱なんて『老人になる罠』をプレゼントするの? なんで浦島は「開けるな」と言われたそれを開けちゃうの? まったくもって謎だらけです。
その謎にきっと、とんでもない面白さが隠れているのだろうと、私はワクワクしながら脚本を書いているのです。

「TARO URASHIMA」

【staff】 脚本:池田鉄洋、演出:板垣恭一
【cast】
木村了、上原多香子、斉藤暁、崎本大海
滝口幸広、辻本祐樹、原田優一 土屋シオン、碕理人、森田涼花、竹内寿、中村太郎、月岡弘一、桝井賢斗、香山圭祐、塩川渉、角島美緒、二瓶拓也、高木稟、大堀こういち
舘形比呂一、坂元健児
和泉元彌(特別出演)/とよた真帆
【公演日程】 2016年8月11日(木・祝)~15日(月) @明治座
【チケット料金】 S席 12,000円/A席 5,800円(全席指定・税込)
※中学生以下、S席特別価格 6,000円(税込)(明治座にて電話予約のみ取扱い)
【前売開始】 6月18日(土)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top