AKB48ドキュメンタリー映画第5弾、7月公開決定 監督は元NHK石原真

「DOCUMENTARY of AKB48」公開日決定

AKB48のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48』シリーズ第5弾の特報映像が公開され、公開日と監督が明らかとなった。



特報映像は本日5日にパシフィコ横浜で開催されたAKB48の43thシングル「君はメロディー」の握手会会場でサプライズ上映。映像内で公開日と監督が正式発表された。

前作から約2年ぶりの新作となる第5作の公開は7月8日(金)に決定。監督は元NHKプロデューサーの石原真氏。「MUSIC JAPAN」などの音楽番組を担当し、「NHK紅白歌合戦」の参加も12回を数える石原氏は、昨年公開されたSKE48のドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』でも監督を務めるなど、48グループをよく知る人物として、ファンからも一目置かれる存在。
これまで彼だけがこっそりとカメラを回すことが許された現場も数多く存在し、今作では、そんな監督自ら撮り続けて来た“石原カメラ”による秘蔵映像の数々、これまで自粛してきた“出せなかった裏の現場映像”までを惜しみなく公開する。

さらに、新たに撮影しているインタビュー映像に加え、インドネシアで最も有名な日本人タレントの一人として活躍する者や、焼き肉店のオーナー社長として奮闘する者など、大規模なグループだからこそ生まれた特異な成功者たちにも密着し、その実像に迫る。

「DOCUMENTARY of AKB48」(仮題)

企画:秋元康
監督:石原真
出演:AKB48
配給:東宝映像事業部
©2016「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
公式サイトURL:www.2016-akb48.jp
2016年7月8日(金)より、全国ロードショー



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top