佐藤浩市、綾野剛&榮倉奈々にご馳走するも忘れられ「僕も覚えてなかった」と苦笑い

映画「64-ロクヨン-前編」初日舞台挨拶

映画「64-ロクヨン-前編」初日舞台挨拶

映画『64-ロクヨン-前編』の初日舞台挨拶が7日、都内の劇場で行われ、本作に出演する佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、坂口健太郎、瑛太、永瀬正敏、三浦友和と瀬々敬久監督が登壇した。


本作は警察小説、人間ドラマの名手・横山秀夫のベストセラー小説を瀬々敬久監督が前後編の2部作として映画化。
たった1週間で終わった昭和64年に起きた未解決の誘拐事件(通称“ロクヨン”)と、それを起点とした県警記者クラブも巻き込んだ警察内部の対立、そして14年を経て新たに起きた「ロクヨン」を模倣した誘拐事件を、県警の広報官を中心に描く。

『前篇』では県警の広報室と記者クラブとの対立が物語の軸となることから、佐藤は「対立軸がしっかりしてますので、我々広報室の4人(佐藤・綾野・榮倉・金井勇太)でしょっちゅう飲みに行ってたんですけど、記者団は入れなかった」と酒の席に瑛太と坂口を連れて行かなかったことを明かした。
一方、記者を演じる瑛太と坂口は2人で食事などに行っていたそうで、瑛太が「坂口くんと2人で行きましたけど、2~3時間いて2~3言くらいしか喋らなかったね」と切り出すと、坂口も「そうですね。結構無言で食べ続けてました」と告白。会場から驚きの声があがるも、2人は「でもすごい心地良い時間だった」と全く意に介さない様子だった。


綾野と榮倉は本作のプロモーション中に「浩市さんにお寿司を食べさせてほしい」と話していたが、「実はすでにお寿司に連れて行ってもらっていた」と2人が忘れていたことを申し訳無さそうに告白。当の佐藤も「ちゃんと美味しいって有名な店に連れて行ったのに彼らは覚えてなかったんです。奢った僕も覚えてなかった」といい、誰も覚えていないことに苦笑いの3人だったが、そこへ瑛太が「いや、僕は覚えてます」と発言。「あれ、瑛太いた?」と驚いた様子の佐藤に、瑛太は「ずっと無言で居たじゃないですか。帰りのタクシーで『やっと瑛太は俳優になったな』って感動的な話を……もしかしたらもう酔っ払われてたかも」と残念そう。佐藤は「いや、それは本当だよ」と弁明していた。

舞台挨拶では、本作が前後篇で異なる二面性を持つ作品であることにちなんで、この日の登壇者の中で二面性があると思う人を一斉に指差すという企画を実施。全員一致で指名された瀬々監督が「もう君たちと映画は撮らない!」とへそを曲げて会場を笑わせる一幕もあった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top