「全員全裸です」斎藤工の妄想に綾瀬はるか・水原希子ら爆笑

映画「高台家の人々」レセプションパーティーイベント&完成報告トークショー

映画「高台家の人々」レセプションパーティー・イベント

綾瀬はるかと斎藤工が10日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた映画『高台家の人々』の完成報告イベントに登場。それぞれの妄想を打ち明けた。


この日のイベントは本作のタイトルでもある名家“高台家の人々”が主催するレセプションパーティーと称して開催され、キャストだけでなく、招待された600人の観客もドレスアップして参加。
しかし、本作で人の心が読めるテレパス能力を持つ高台家の長男・高台光正を演じた斎藤は、「どんな妄想をしますか?」という質問に、「僕はすぐ人を全裸にします。今日もせっかく皆さんドレスアップされてますが、もう全員全裸です」とジョークを飛ばす。会場を見渡しながら「関係者各位、森ビルの方もドライバーの方も通訳の方も全員全裸です」と続けて、周囲を爆笑させた。
本作のタイトルにちなみ、「斎藤家の人々」だったらどんな映画になるかとの質問を受けると「さっきの僕の妄想はたぶん親の遺伝子から来てると思うんですよね。だから斎藤家は基本的に半裸。なので18禁というかR指定はつくかな」と話し、「しかも下だけ半裸というシュールな絵面が延々続く。『解放』という副題で、15分の短編にします」と“妄想”を膨らませていた。


映画は森本梢子による同名人気漫画を実写化。妄想癖のある天然平凡OLと、テレパシー能力を持つイケメンエリートの恋を描く一風変わったラブコメディ。
口下手で内気なOLながらも、頭の中ではめくるめく妄想をことあるごとに繰り広げる主人公・平野木絵を演じた綾瀬はるかは「愛が溢れる可愛い作品になったと思いますので、皆さん楽しみにしていてください」と本作をアピール。どんな妄想をするかとの質問には「最近は、マンションで柴犬を飼うとどうなるか、という妄想をしました」とほのぼのとした妄想を打ち明けて会場の笑いを誘っていた。

イベントには綾瀬はるか、斎藤工のほか、本作に出演した水原希子、間宮祥太朗、大地真央、市村正親、シャーロット・ケイト・フォックス、大野拓朗、塚地武雅が出席。
映画『高台家の人々』は、6月4日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top