乃木坂46桜井&松村ら、“妹分”欅坂46の勢いに「まだまだ負けない」「乃木坂が主人公」

舞台「じょしらく弐 ~時かけそば~」に出演する乃木坂46メンバー

乃木坂46の舞台「じょしらく弐 ~時かけそば~」が本日12日より東京・渋谷のAiiA2.5TheaterTokyoにて開幕。同日、初日を前に出演メンバーが会見と公開ゲネプロに臨んだ。


舞台は乃木坂46によって昨年初演された舞台「じょしらく」の第2弾公演。週刊少年マガジン(講談社)で連載されていた同名の人気ギャグ漫画が原作。寄席の楽屋を舞台に、5人の女子落語家たちが繰り広げる他愛のない会話から突拍子もないネタへと展開していく。
乃木坂46のメンバー15人が出演し、「チームら」「チームく」「チームご」の3チームに分かれてのトリプルキャストで演じるほか、公演ごとに各メンバーが創作落語を一席披露する。

「髪の毛の色が奇抜だから選んだんですけど、稽古していくうちに、この子が大好きになりました」と語る空琉美遊亭丸京役の生駒里奈は「じょしらく」初参加。「(同じチームの)能條さんが2回目だし舞台経験もあるので引っ張ってもらった」といい、「アイドルが舞台をやるっていうのは、いろんなお仕事と並行して両立するので、本来の舞台の稽古はできないんですけど、その中でどれだけやれるかというのはみんな苦労したと思う」と今日までの稽古を振り返った。

防波亭手寅役の松村沙友理は「手寅ちゃんはこのお話の主人公です。いろいろことに巻き込まれながらも楽しく生きている女の子です」と役どころを紹介し、「主人公だから選びました」と明かす。「主人公だけどあんまりみんなに信じてもらえないので、この舞台で主人公感を出せたら」と意気込み。
同じ手寅役に挑む若月佑美は「2.5次元ということでテンションを上げていかなきゃいけない。私は普段真面目だと言われているので、そこが課題だとおもっていて、稽古中には鈴木奈々さんやりゅうちぇるさんの動画を見まくってテンションを研究しています」と意外な役作りを明かした。

落語の才能があるメンバーを問われると、メンバーは揃って能條の名前を挙げ、山崎怜奈は「前回もすごかったです。能條さんだけ飛び抜けて上手くて、尊敬の域です」と絶賛。
能條本人は「嬉しいですね」と照れ笑いを浮かべながら、「去年も落語をやる前から『能條の落語はすごいらしい』と噂が立っちゃってて、今年はトップバッターなので、いいスタートを切れるように頑張りたい」と初日に披露する創作落語へ気合十分。報道陣から「では、この舞台のキャプテンは能條さん?」と問われると、「ええ!?」と動揺。松村が「待って、主人公は私です」と割って入り、笑いを誘った。

先月デビューした欅坂46の話題に話が及ぶと、キャプテンの桜井玲香は「Mステとか見ました。グイグイ来てるなと思いますけど、まだまだ若い子には負けないよって言えちゃうくらい頑張りたい」とコメント。松村が「乃木坂が主人公なので」と妹分を牽制すると、周囲から「今日主人公を主張するね」と突っ込まれていた。

また、生駒は「(YouTubeの)欅の『サイレントマジョリティー』のMVが『制服のマネキン』の再生回数を超えたって聞いて、すごいなと思いました」と感心した様子。最年少の渡辺みり愛は「私は乃木坂の中では最年少だけど、欅さんにはもっと年下の子が何人もいるので、そろそろ最年少ってことに甘えちゃいけない。グループは違うけど、46という姉妹というかライバルなので、負けないように大人の階段を登りたい」と語った。

舞台「じょしらく弐 ~時かけそば~」は5月22日(日)まで、同所にて上演。

<チームら>
中田花奈 生駒里奈 能條愛未 松村沙友理 鈴木絢音
<チームく>
斎藤ちはる 佐々木琴子 井上小百合 桜井玲香 渡辺みり愛
<チームご>
新内眞衣 樋口日奈 山崎怜奈 若月佑美 北野日奈子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top