佐藤麗奈率いるマジカル・パンチラインが7.20メジャーデビュー 欅坂46をライバル視?

メジャーデビューを発表したマジカル・パンチライン

2015年10月にアイドリング!!!を卒業した佐藤麗奈が結成した新アイドルグループ“マジカル・パンチライン”が7月20日にメジャーデビューすることが決定した。13日、メンバー出席のもと行われた会見で発表した。


マジカル・パンチラインは現在17歳の佐藤麗奈をリーダーとし、浅野杏奈(15)、小山リーナ(13)、清水ひまわり(13)、沖口優奈(18)の5人からなるアイドルグループ。ライバルとするグループを聞かれた沖口優奈は、ほぼ同時期にデビューとなったアイドルグループ・欅坂46の名前を挙げ、「欅坂さんがやっぱり今すごい勢いなので、後々は(自分たちが)トップに立てるようになれたら」と対抗心を燃やした。

佐藤麗奈

マジカル・パンチラインのリーダー、佐藤麗奈

会見では7月20日にリリースする1stミニアルバム「MAGiCAL PUNCHLiNE」でメジャーデビューすることが佐藤麗奈の口から発表された。
メンバー選考にも携わった佐藤は「10代女子の目線でみんなのルックスやキャラクターを見て選んだ4人なので、心の底から可愛い子を選べた自信があります」と言葉に力を込め、「まずはマジカル・パンチラインという名前をたくさんの人に知ってもらえるように、小さなことから大きなことまで全てに全力をかけ、いずれは全国ツアーもやれたら」と今後の目標を掲げる。
デビュー作について沖口優奈が「地上波で披露できたら」と目を輝かせると、佐藤は前所属グループのアイドリング!!!がフジテレビの番組から生まれたグループだったことを受けて、「今回はフジテレビがあまり関わっていらっしゃらないので、(テレビ朝日の)『Mステ』などに出れたら夢のように思います」と話して報道陣の笑いを誘った。

グループ名について、清水ひまわりは「『魔法のような』を意味する“マジカル”と、演劇やヒップホップで『決め台詞』や『ジョークのオチ』を意味する“パンチライン”を組み合わせた造語で、呪文のようなイメージです」と説明。「略して“マジパン”なのですが、一部では“パンチラ”とか呼ばれてるんですけど、パンチラはしません」とキッパリ。
浅野杏奈は「魔法」というグループのコンセプトや、彼女たち5人は架空の世界にある魔法学校=タイガー・ゲートの生徒であるという、細部まで作りこまれた設定を紹介した。

7月20日にリリースする1stミニアルバム「MAGiCAL PUNCHLiNE」は、CD+DVDの「ベガ」、CDのみの「アルタイル」、CD+グッズの「デネブ」の3形態となっており、CDには全6曲収録予定。「ベガ」のDVDにはミュージックビデオとドキュメンタリ―が収録される予定。

なお、明日14日27時から放送されるニッポン放送「オールナイトニッポンR」に佐藤麗奈、浅野杏奈、沖口優奈が出演し、同ミニアルバムのリード楽曲「Magiかよ!? BiliBili☆パンチライン」が1コーラスのみ解禁される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top