小松菜奈×間宮祥太朗で30年前の「高台家の人々」をドラマ化

dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」

6月4日に公開される映画『高台家の人々』と連動したオリジナルドラマを映像配信サービス・dTVが制作、独占配信する。


森本梢子による同名人気漫画を実写化する映画『高台家の人々』は、妄想癖のある天然平凡OLと、テレパシー能力を持つイケメンエリートの恋を描く一風変わったラブコメディ。

6月に配信開始予定のdTVオリジナルドラマで描かれるのは、映画の舞台から30年前、まだ若かりし頃の高台家の母・由布子と父・茂正Jr.(通称マサオ)が結ばれるまでの恋物語。土方政人監督をはじめ映画制作スタッフが再集結して、映画では描かれない原作の人気ストーリーを映像化する。

スポ婚少女・深丸由布子を活躍めざましい若手女優・小松菜奈が演じ、そんな由布子と恋に落ち、後に夫となる高台茂正Jr.を、映画で高台家の次男・和正役も務める間宮祥太朗が演じる。さらに、映画で2人の長男・光正役を演じている斎藤工も登場するという。

素直な性格ゆえに、思ったことがすぐ口に出る由布子と、その美貌ゆえに大学で“王子様”と呼ばれるほどの人気者だが、空気がまったく読めないマサオ。そんな2人による、笑えてときにグッとくる胸キュン必至の恋愛エピソードとなっている。

■ストーリー

人の心が読める“テレパス”の能力を持つ高台家の3兄弟。その能力ゆえナーバスになる事も多いが、同じ能力を持つ高台家の叔母・アンから、30年前のエピソードが語られる。
――30年前
名門私立大学の4年生でテニス一筋のスポ根少女・由布子(小松菜奈)は、オックスフォードから編入してきた高台茂正(通称マサオ/間宮祥太朗)の存在を知る。
ある日、由布子の友人の奈緒がマサオと交際する事になり祝福するが、その直後にマサオの浮気が発覚。由布子が仲裁に立ち二人を復縁させるも、わずか1週間で破局し、マサオはすぐに由布子に告白をする。
怒り心頭の由布子は怒鳴りまくしたて、マサオを軽蔑するのだが・・・。

dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」

■配信日:2016年6月予定
■出演者:小松菜奈 間宮祥太朗/斎藤工
■原作:森本梢子「高台家の人々」(集英社「月刊YOU」連載/コミック既刊4巻)
■監督:土方政人(映画『謎解きはディナーのあとで』)
■脚本:三浦希紗
■制作プロダクション:共同テレビジョン
■dTVサイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004387



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top