二階堂ふみ&山崎賢人が女子校にサプライズ登場 生徒500人が悲鳴

都内の女子校にサプライズ登場した二階堂ふみと山崎賢人

女優の二階堂ふみと俳優の山﨑賢人が17日、都内の女子高等学校にサプライズ登場した。


緊急全校集会として体育館に集められた500人の女子生徒たち。多くのマスコミが待ち構えているのを見て、普段とは違う空気を察し、体育館のスクリーンに二階堂と山﨑が出演する映画『オオカミ少女と黒王子』(5月28日公開)の予告編が映し出されると、悲鳴のような大歓声があがった。その後、体育館の後方から2人が姿を現すと、最初は座っていた生徒たちも大興奮で全員総立ちに。二階堂と山﨑は生徒の間をもみくちゃにされながらも通り抜けて、壇上へとあがった。

壇上にあがった二階堂は「まさかこんなに皆さんが喜んでくださるとは思わなかったので……すごいですね」と生徒たちのパワーに圧倒された様子。共学の高校出身とあって「女子校に憧れてたので感動してます」と笑顔を見せた。
山﨑は生徒たちに手を振りながら、「こんなにすごい熱気で迎えてくれて本当に嬉しいです」と挨拶。生徒たちに「サプライズどうですか?」と問いかけると、ひときわ大きな歓声を受け、「超かっこいい!」という黄色い声援に照れ笑いを浮かべていた。


学生時代の思い出を聞かれると、二階堂は「馬鹿ばっかやってた気がしますね。よくプリクラ撮りに行ったり、普通に毎日友達と遊んでました」と当時を回顧。高校時代に戻れるとしたら、「6年間帰宅部だったので部活入りたいですね。スラムダンクがすごく好きだったので、バスケ部に入ってみたかった。あとマネージャーとかもやってみたかったですね」とコメント。
「僕はサッカー少年というか、サッカー漬けの毎日でしたね」と高校時代を振り返った山﨑は、「地域のクラブチームでやってたので、部活に入って学校の授業終わって放課後そのまま学校のグラウンドでやってっていうのには憧れましたね」と懐かしんだ。

特別課外授業と称されたこのイベントでは、2人が特別講師となって現役女子高校生たちの質問に回答するなどして生徒たちと交流。
最後に二階堂は「先生に憧れている時期があったので、こうやって皆さんの前に立たせていいただいて、お話しできたことが嬉しかったです」と思わぬ形での念願成就を喜び、山﨑は「高校生活は今しかないので、一個一個楽しんでください」と生徒たちにメッセージを送った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top