上川隆也&中村アン、「ニモ」続篇「ファインディング・ドリー」の新キャラ声優に決定

「ファインディング・ドリー」日本語吹替声優を務める上川隆也と中村アン ©2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画『ファインディング・ニモ』の続編となる『ファインディング・ドリー』の日本語吹替声優に、俳優の上川隆也とモデルでタレントの中村アンが決定した。



日本でのディズニー/ピクサー歴代興収No.1の金字塔『ファインディング・ニモ』の奇跡の冒険から1年後の世界を描く本作では、主人公で忘れんぼうのドリー役は室井滋、ニモの心配性な父マーリン役は木梨憲武が、それぞれの日本語吹替版キャストを続投することが既に発表されている。

今回、新たに声優参加が発表された上川と中村が演じるのは、ドリーの「家族の思い出」のカギを握る注目の新キャラクター。
上川は足が7本しかない謎のタコ、ハンク役。ドリーの冒険に手を貸すが、その目的は謎に包まれているというミステリアス一面を持つ役どころ。「ハンクは忍者のように擬態や変身もする面白いキャラクターで、きっと皆さんにも愛していただけると思います」と語る上川だが、アフレコ収録では、「しゃべっていても口が見えないので、そこが吹替えの大きなハードルでした」とタコ役ならではの難しさもあったようだ。

一方、声優初挑戦となる中村が演じるのは、泳ぎが苦手なジンベエザメの女の子、デスティニー役。ディズニーの担当者は、「デスティニーはサメなのに泳ぐのが苦手。でもとても明るく、元気なキャラクターのデスティニーには、明るく元気な姿が男女から多くの支持を集める中村さんしかいない、と考え起用させていただきました」とコメント。
この大抜擢に「ものすごく嬉しかったです。『ファインディング・ニモ』はもちろん、ピクサーの映画は大好きで全部見ているので、本当に感動しました!」と喜びいっぱいの中村は、デスティニーについて「身体は大きいけれど、おっちょこちょいで明るくて、ドリーを助けようとする優しいサメ。みんながドリーを助ける姿から、思いやりが伝わったらいいなと思います」とその可愛さをアピールしている。

ニモやマーリン、カメのクラッシュ等お馴染みの人気者たちに、タコのハンクやジンベエザメのデスティニーが加わり、ドリーの家族と、その秘密を探す感動の冒険が始まる。
前作以上にスケールアップした驚くべき冒険と、家族や友情の大切さを描いた感動のストーリー『ファインディング・ドリー』は、7月16日(土)公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top