三浦大知&満島ひかり、元Folderの2人が16年ぶり共演「波長が合う」

アーティストの三浦大知と女優の満島ひかりが16年ぶりに共演することがわかった。


三浦大知と満島ひかりといえば、1997年に7人組ダンス&ヴォーカルグループ・Folderとしてデビュー。その後はアーティストと女優として別々の道を走ってきた。
チャップリン役の三浦大知と黒柳徹子役の満島ひかり

チャップリン役の三浦大知と黒柳徹子役の満島ひかり

そんな2人の16年ぶりとなる共演が実現したのはNHK土曜ドラマ「トットてれび」。同番組はテレビとともに歩んできた黒柳徹子のエッセイを連続ドラマ化。満島ひかりが若き日の黒柳徹子を演じ、好評を博している。
三浦が出演するのは明日5月21日(土)20時15分から放送の第4話で、満島演じる徹子がニューヨークで出会うチャーリー・チャップリン役を演じる。

満島から「直接電話もあり誘われたので、是非という感じでやらせていただきました。いつかひかりと一緒に何か物作りができたらいいなと、ずっと思っていたのでありがたいです」と話す三浦は、今回がドラマ初出演。「収録も緊張したのですが、今回はひかりがいろいろ引っ張ってくれて、安心して収録に望めました」と話し、「次は、ひかりが主役のドラマに主題歌などでコラボできたらと思います」と本業の歌での再タッグを熱望した。

一方、ドラマ内で徹子にエンターテイメントのバトンを渡す象徴として登場するチャップリン役を三浦大知にやってもらいたかったという満島は「収録をしていて驚いたのは、違った道を歩んでいたはずなのに波長がとても合うこと。大知が同じステージにいてくれる安心感の中で、ただただ楽しむことができました」と16年ぶりの共演を振り返っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top