柳楽優弥、山田孝之からの返信に困惑&菅田将暉は小松菜奈の暴露に苦笑い

映画「ディストラクション・ベイビーズ」初日舞台挨拶

映画「ディストラクション・ベイビーズ」初日舞台挨拶

映画『ディストラクション・ベイビーズ』に出演する俳優の柳楽優弥、菅田将暉小松菜奈、村上虹郎が21日、都内で行われた同作の初日舞台挨拶に登壇した。


国内外から注目を浴びる新鋭・真利子哲也監督の商業映画デビュー作であり、『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀賞を受賞し、若い世代の感情の揺らぎを掬いとる名手・喜安浩平が真利子監督とともに脚本を手掛ける本作。
物の怪に憑かれた様に喧嘩をくり返す主人公・泰良を演じた柳楽優弥をはじめ、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎といった若手実力派俳優が集結したほか、池松壮亮、でんでんら存在感ある演技派が脇を固め、若者の狂気と欲望を圧倒的な強度と密度で描きだす。

泰良に興味を持ち、近づく若者・北原裕也を演じた菅田に対し、泰良と裕也の遊びに巻き込まれる少女・那奈を演じた小松。
今だから言えるエピソードを聞かれた小松が「私は……」と言いかけると、菅田は「今、俺のこと睨んだよね?」と身の危険を察知。すると小松は「現場で菅田さんのことが嫌いでした」と突然告白し、会場を爆笑させた。菅田本人も苦笑いしながら「ここだから言えることだね。言ってくれてよかった。現場で言われても困るしね」と寛容に受け止めるも、小松は「あの役ってのもあって、ただただ暴力を振るわれて、もう……裕也ももちろん嫌いなんですけど菅田さんも……」と追い打ちをかけて会場をさらに笑いの渦に。MCから「今は大丈夫なんですよね?」と確認されると、「大丈夫です」と答えるも、菅田から「今なんかちょっと間があったぞ」と突っ込まれていた。


本作では柳楽が見せた鬼気迫る演技に賞賛の声が集まっており、同じ事務所の先輩にあたる山田孝之が寄せた「彼の芝居はズバ抜けていて、こんな緻密で繊細なこと俺はできてないなって思う。柳楽優弥ってマジですげーよ」というコメントが先日話題となったばかり。
この山田のコメントを受けて柳楽は、「孝之さんにお礼のメール送ったら『ヨシヒコ出ない?』って返ってきました」と山田が主演する連続ドラマシリーズのオファーが来たことを明かして笑いを誘い、「そのためだったのかなーって思ったんですけど、本当に思っていただいたなら感謝です」と訝りながらも頭を下げた。

また、完成した作品を見て柳楽は「チャレンジしているなと感じた」といい、「原作ありきでない、真利子監督のオリジナル脚本だったので、自由な状態なんですよね。役柄も世間にイメージがない状態で、1つ1つ組み立てていくことができたので、俳優部のセンスが出るのかなって」と演じ甲斐のある作品だったと振り返った。

映画『ディストラクション・ベイビーズ』は本日5月21日より全国で公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top