長瀬智也、神木隆之介ら劇中バンドでメトロックに登場「地獄から日帰りでやってきたぜ!」

地獄図(ヘルズ)の関大助としてメトロックに出演した神木隆之介

6月25日公開の映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の劇中バンド・地獄図(ヘルズ)が21日、東京・若洲公園で開催された野外ロックフェス「METROCK」に出演。劇中以外で初となる、主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」を披露した。


宮藤官九郎の完全オリジナル作品となる『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は、不慮の事故で17歳にして命を失った高校生・大助が、大好きなひろ美ちゃんとキスするために現世へのよみがえりを目指して大奮闘する「地獄」が舞台のコメディ作品。
地獄図(ヘルズ)は、長瀬智也演じる地獄農業高校の軽音楽部顧問の赤鬼・キラーK(Vo,Gt.)を筆頭に、神木隆之介演じる関大助(Gt.)、桐谷健太演じるCOZY(Dr.)、清野菜名演じる邪子(Ba.)の4人による地獄専属ロックバンド。

4人はメイン会場のWINDMILL FIELDに、フェスの口火を切るオープニングアクトとして、鬼を引き連れて登場。約1万人の観客で埋め尽くされた会場は一瞬にして地獄の世界観に引き込まれた。
大歓声と拍手の嵐が巻き起こる中、「地獄へようこそ。マザファッカー!!!」とキラーKが叫ぶと、場内は大盛り上がり。主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」を熱唱し、サビの「TOO YOUNG TO DIE!」に差し掛かるころには、耳に手をあてたキラーKによるコールに反応した大勢の観客が、声をそろえて「TOO YOUNG TO DIE!」とレスポンスし、場内のボルテージは早くも最高潮に達した。

間奏中には、バンドライブの定番のメンバー紹介がキラーKにより行われ、「今日はメトロックを盛り上げるために、地獄から日帰りでやってきたぜ!俺様が、ボーカル&ギターのキラーKだ!マザファッカー!!」と自身の紹介からはじまり、「逃走中のバイクで事故って“トゥーヤングトゥーダイ”!」(COZY)、「親からもらった大事な体に、いいちこ(焼酎)とハイライト(たばこの銘柄)のタトゥー入れちゃいました!彼氏に刺されて“トゥーヤングトゥーダイ”!」(邪子)とそれぞれ地獄に落ちた理由を叫び、場内を盛り上げる。
一方、地獄図(ヘルズ)の新メンバーとして紹介された大助(神木)だけは、「あ、皆さん関大助です。17歳です。なんか今日はありがとうございます。僕、今日はサカナクションを見に来まして…、あ、高橋優さんも好きなんですけど。会場の移動とかが上手くできればと思ってます。」と、マイペースに挨拶した挙句、「ぶっちゃけ、映画の宣伝で来ちゃいました!(笑)映画は6月25日公開です!6月25日公開ですよ!!」とちゃっかり映画をアピール。場内からは「可愛いー!!」との声とともに、温かい笑いに包まれた。

演奏後には「サンキューメトロック!お前ら、地獄の映画館で会おう!」とキラーKが締めくくり、場内の熱も冷めやらぬまま、地獄図(ヘルズ)メンバーは会場を後にした。

©2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top