ジブリ長編最新作「レッドタートル」がカンヌ映画祭で特別賞受賞

スタジオジブリの長編最新作『レッドタートル ある島の物語』が第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で特別賞を受賞した。


5月11日からフランス・カンヌで開催されている第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に正式出品された同作は、18日(現地時間)に公式上映が行われ、上映後は5分を超えるスタンディングオベーションが起き、会場は拍手喝采に包まれた。その後も、地元紙をはじめとする各メディアに絶賛を以て取り上げられ、受賞が有力視されていたが、先ごろ、映像と音の詩情が高く評価され、映画そのものが特別なものということから、同部門特別賞の受賞が決定した。

『レッドタートル ある島の物語』は、アカデミー賞短編アニメーション映画賞など世界各国の賞を多数受賞したマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督によるわずか8分間の短編『岸辺のふたり』(2000年公開)を観たスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーが抱いた「この監督の長編を観てみたい」という想いが出発点。
はじめての長編制作の打診を受けたマイケル監督は、尊敬する高畑勲監督から長編映画の制作全般について助言を受けることを条件にこれを快諾。高畑監督参加のもと、スタジオジブリとシナリオ・絵コンテ作りから効果音・音楽にいたるまで、あるときは直接会って話し合い、あるときは海を越えてデータをやりとりしながら、何度も打ち合わせを重ね、実に8年もの歳月をかけて完成させた。
嵐の中、荒れ狂う海に放りだされた男が九死に一生を得て、ある無人島にたどり着き、必死に島からの脱出を試みるが、見えない力によって何度も島に引き戻される。絶望的な状況に置かれた男の前に、ある日、一人の女が現れるというストーリー。

スタジオジブリとしては同映画祭初出品となった本作が大きな評価を受けたことに、鈴木敏夫プロデューサーは「完成までの10年間は長かったけれど、カンヌ映画祭で賞に選ばれて、僕も本当にうれしいです。この受賞をきっかけに、フランス、日本、そして世界中で一人でも多くの人に見てもらいたいです」と喜びを語った。
また、マイケル監督は「この映画をまだ見ていない人はいつか見てください。これはスタッフと私の努力の結晶です。高畑さん、ありがとう!」と高畑勲監督へ感謝の気持ちを伝えている。

『レッドタートル ある島の物語』は9月17日全国公開。

■公式サイト:http://red-turtle.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top