内田理央が4ヶ月ぶりの単独ファンイベント開催 念願の高級マンゴーは獲得ならず

4ヶ月ぶりのイベントでファンと交流した内田理央

女優の内田理央が22日、4ヶ月ぶりの単独イベントを開催し、ファンとの交流を楽しんだ。


イベントは、内田理央とお笑いコンビ・ツインクルのクック井上。による対話形式で進行。内田理央がクック井上。から出される10問の4択クイズに答える「だーりおクイズ」と、観客から開演前に募集した悩み事に直接その場で答える「だーりお5月病相談室」などが実施された。

「だーりおクイズ」では、「高級マンゴーが食べたい!!」という本人の意向を踏まえ、10問全てに答えることができれば、1万円の高級マンゴーがプレゼントされる仕組み。しかし、最終問題で不正解となってしまい、高級マンゴーを手に入れることができず、その場で直筆サインをしてファンにプレゼントした。

「だーりお5月病相談室」では、開演前に募集した様々な悩み事に回答。「父親が作る朝食が365日“目玉焼き”なんです。せっかく作ってもらっているので断れないのですが、どうすればいいですか?」という悩み事に対しては、「黄身を固く焼いて、そこに醤油を垂らして混ぜると“黄身醤油ソース”ができるよ!白身に付けて食べるとめっちゃ美味しいから、試してみて!」と新たな目玉焼きの食べ方を伝授するなど、内田独自のアドバイスで盛り上がった。

そのほかに「ハイタッチ会」と「2ショットチェキ会」も行われるなど、ファンとの交流が盛りだくさんのイベントとなった。

昼の部、夜の部の2部制で行われたこの日のイベント。終了後には「昼の部、夜の部とも満員で、たくさんのお客さんが来てくれて、嬉しかったです!またこうやって、“だーりお共和国”として、イベントだったり、ファンミーティングができるように、これからも頑張ります!なかなか直接お会いして、御礼を言う機会が少ないので、今回は目を見て御礼を言えて良かったです!」とファンへの感謝の気持ちを語った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top