有村架純「夏休みを過ごしているよう」主演作の撮影を振り返る

「夏美のホタル」完成披露試写会

23日、映画『夏美のホタル』の完成披露試写会が都内で行われ、主人公の夏美を演じた有村架純をはじめ、共演の工藤阿須加、小林薫、光石研、吉行和子、そして原作者の森沢明夫、廣木隆一監督が舞台挨拶を行った。


森沢明夫の同名小説を原作とし、人気若手女優の有村架純と『ストロボ・エッジ』の廣木隆一監督が再タッグを組む本作は、写真家になる将来の夢と恋人との関係に悩む女性が、父との思い出の森で出会った人々との交流を通して成長していく姿を描くヒューマンドラマ。

舞台挨拶がスタートすると、暗転した場内で観客がホタルに見立てた緑色のサイリウムを振ってキャストを出迎えた。登壇した有村はこの演出を知らさせていなかったため、「びっくりしました。すごい綺麗でした」と目を輝かせた。

3年前に原作を読んでいたという有村だが、本作の台本を読んだ時にはあらためて「親と子の絆だったり、人と人との繋がりがすごく心に刺さって涙が出ました」と胸を打たれたことを明かす。
昨年の夏に行われた撮影では「愛情で包まれていた感覚で、すごく過ごしやすかったです」と共演者たちの温かい空気の中で演じられたといい、「この作品はひと夏を過ごす、夏休みの1ページを切り取ったお話しですが、お仕事なのに自分も一緒に夏休みを過ごしているような感覚になりました。それくらいリラックスできた」と充実の撮影期間を振り返る。これには恋人役の工藤も「わかる。夏休みを過ごしてるんだなって思った」と深くうなずいていた。

原作者の森沢は、キャストが決定した時「プロデューサーとハイタッチしたいくらいだった」と配役に満足気。有村が原作を読んだ当時に一度対面しており、「架純ちゃんが主人公だったらピッタリだなって話をしていたので、その後で映画化が決まってキャストを聞いた時は、もう決まったなと、いい映画になったなって感じました」と映画の成功を確信したという。

最後に有村は観客に向けて「この作品は『こういう作品です』というよりも、皆さんがそれぞれ受け取る形で感じていただけたらいいのではと思いました。なので、作品を観た後も余韻に浸って帰っていただけたら嬉しいです。素敵な役者さんばかりで私も幸せな時間を過ごさせていただいたので、そんな雰囲気も楽しんでください」とメッセージを送った。

映画『夏美のホタル』は6月11日より全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top