波瑠、映画「アンパンマン」で初のアニメ声優挑戦「全部難しかった」

公開アフレコに臨んだ波留

女優の波瑠が24日、都内で行われた映画『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』の公開アフレコに臨んだ。



映画アンパンマンの第28弾となる本作は、おもちゃの星からやってきたお姫様・ルンダと体が大きくてやさしいロボット・ナンダの物語。2人は何でもおもちゃに変えられる大事な“おもちゃスティック”をどこかに落としてしまい、アンパンマンたちと一緒に探しに行く。

アフレコを終えて「普段からアニメ作品が好きなので、とっても楽しかったです」と笑顔を見せた波瑠。アニメ作品の声優は初挑戦ということで、オファーを受けた時は「すごい嬉しかったけど、できるのかな?って気持ちもあって、できるかどうかわからないけど、気持ちとしてはとても前向きでした」と喜びと戸惑いが交錯したよう。「声優さん皆さんとても声に迫力があり感情が伝わってくる、そして聞き取りやすい音なので、そこに私の声がポーンと飛び込んで、空気とか世界を壊してしまうんじゃないかっていう怖さがあった」といい、実際にアフレコに臨んでみて「普段ドラマや映画でやっているお芝居とはまた全然違ったものなので、もう全部難しかったです」と苦労も明かした。

そんな波瑠が今回演じるのは、本作のヒロインで、おもちゃの星からやってきたお姫様・ルンダ。元気で好奇心旺盛な女の子だが、困ったことが起きるとすぐに、体が大きくてやさしいロボット・ナンダに頼ってしまう、少し気が強くてワガママな一面ももつ喜怒哀楽が豊かなお姫様だ。
自身との共通点を聞かれると、「ルンバちゃんはお姫様だし、ちょっとわがままなところがあるけど、本当は素直で、みんなのために勇気を出せる素敵な女の子なので……私は違います」と照れ笑い。「こんな可愛い素敵な女の子だったらいいのになと思いながらやってました」と話した。

『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』は7月2日(土)公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top