桜庭ななみ・土屋太鳳・高月彩良に続くニューヒロイン誕生 「人狼ゲーム」最新作で小島梨里杏が映画初主演

川上亮による小説「人狼ゲーム」を実写化する映画『人狼ゲーム』シリーズ第4弾となる『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』の公開が7月2日に決定。主演を女優の小島梨里杏が務めることがわかった。


「人狼ゲーム」とは1930年頃、ヨーロッパでプレイされていた伝統的ゲームを発展させた心理ゲームとその亜種の総称。協力しあいながら“人狼”と呼ばれる正体を隠した少数人を見つけ出し処刑する“村人”と、多数の”村人”たちを騙し、その皆殺しを狙う“人狼”との命をかけた究極の頭脳ゲーム。
本作では主人公の乾朱莉をはじめとする。拉致・監禁された高校生たちが、互いに殺し合い、生き残った者には1億円が与えられる殺戮ゲーム“人狼ゲーム”への参加を強いられる。

「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」主演・小島梨里杏

小島梨里杏 (C)2016「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」製作委員会

過去3作で桜庭ななみ、土屋太鳳、高月彩良と旬な女優たちが主演に起用されてきた同映画シリーズ。今回、主演に抜擢された小島梨里杏はこれが映画初主演。「烈車戦隊トッキュウジャー」で頭角を現し、その後も、映画『先輩と彼女』『オオカミ少女と黒王子』、TBSドラマ「表参道高校合唱部 ! 」、dTVオリジナルドラマ「みんな!エスパーだよ! 〜欲望だらけのラブ・ウォーズ〜」など話題の作品に続々出演。6月4日(土)スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『朝が来る』(毎週土曜23:40〜)にて、片倉茜役で出演。今秋放送の連続ドラマ、BS時代劇『子連れ信兵衛2』にてヒロイン・おぶん役での出演も決定しており、これからの活躍が期待されている。
小島は「今までの映画『人狼ゲーム』のバトンをしっかり受け継ぎ、力強い素晴らしい作品だったからこそ、打ち勝っていきたいと思います」と人気シリーズ主演への意欲を語った。

共演には「となりの関くんとるみちゃんの事象」の渡辺佑太朗、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」や映画『寄生獣』の山谷花純、『死んだ目をした少年』『独裁者、古賀。』の清水尚弥、高校生に大人気のSeventeen専属モデルであり、女優としても注目されている岡本夏美など、それぞれの分野で抜群の存在感を示す若手俳優たちが顔を揃え、「みんな!エスパーだよ! 〜欲望だらけのラブ・ウォーズ〜」を監督し、鬼才・園子温作品の助監督としても活躍する綾部真弥監督が、前作に引き続きメガホンを握る。

小島梨里杏(乾朱莉役)コメント

初の映画主演のお話をいただいたとき、嬉しかったです。今までの映画「人狼ゲーム」のバトンをしっかり受け継ぎ、力強い素晴らしい作品だったからこそ、打ち勝っていきたいと思います。
差し迫ったときに起こる何か、それは撮影するまでわからないというハプニング性にも面白さを感じました。その瞬間にしか生まれないものを大切にしていきたいです。
人狼ゲームは正直苦手です。人を信じられなくなります、とか言って信じちゃうんですが。
誰かを疑わなければいけないこと、罪のない人に投票している可能性があること、信じていても平気で裏切られるという心理戦。映画「人狼ゲーム」ではこれが現実になります。言葉で片付けることができないので、本当に恐ろしい。みんな望んでここに存在し、ゲームに参加しているわけではないのに生きていくために誰かを殺していかなくてはなりません。誰も悪くないのに。
当たり前の葛藤を抱え、どう朱莉がみんなが変わっていくのか、どう人と向き合っていくのか、人狼ゲームとの戦いにいい結末を願っていてください。誰ひとり欠けてもできない、みんなの「人狼ゲーム」、楽しみにしていてください。

綾部真弥監督コメント

この映画の登場人物は、強制的にさせられるゲームの中で、割り振られた立場・役割に混乱しながら、何とか生き延びようとします。ただ、それは気付いたら、与えられた〝枠〟の中で生かされているということであり、決して自分達で選んだわけではありません。彼等がこの不条理な世界そのものと対峙して、自由を渇望し、押しつけられるルールの枠外へと、初めて自らの意志で進もうという、その強烈なエネルギーを感じて頂ける作品になれば、これ以上ない喜びです。
小島梨里杏さん演じる、乾朱莉は、正義感が強く、この究極のゲームについて、疑問を抱き続けます。自分が助かりたいのか?それとも人を助けたいのか?自己愛と自己犠牲に葛藤し、また過去のトラウマとも直面しながらも、それでも一歩前へ足を踏み出そうとします。その彼女の決断を、是非劇場で目撃して下さい。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top