池松壮亮と菅田将暉のリハーサル風景を捉えた「セトウツミ」メイキング写真公開

映画『セトウツミ』メイキング写真

7月2日公開の映画『セトウツミ』から、池松壮亮と菅田将暉のリハーサル風景や撮影風景を収めたメイキング写真が到着した。


シニカルな“会話”の面白さだけで読者を魅了する人気漫画を映画化した本作は、クールなインテリメガネ・内海と、ちょっとおバカなツンツン頭・瀬戸が、河原で無駄話を繰り広げるだけの一風変わった青春ムービー。監督は『さよなら渓谷』『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣。クールな塾通いの内海役を池松壮亮、天然な元サッカー部の瀬戸役を菅田将暉、ヒロインの女子高生、樫村役を中条あやみが演じる。

今回公開されたのは、白シャツ姿の内海(池松)と瀬戸(菅田)が会話を繰り広げるリハーサル風景、ピエロの恰好をした胡散臭い大道芸人(宇野祥平)が風船で作った被り物を後ろに隠して何やら瀬戸に近づく様子、ラフな私服に身を包んだ内海と瀬戸の夜シーン、監督とスタッフが台本を読みあわせて入念に段取りを確認する姿など、メインの舞台となる河原での撮影風景を収めたメイキング画像4点。


写真には、硬い石段に一日中座っていなけれなならない2人のためにスタッフが導入した黄色とピンクのクッションも写り込んでいる。
また、本作唯一の夜のシーンは、肌寒い気温と動きのある展開も相まって、深夜にまで及んだ撮影ながら高揚感が途切れることは無かったとのこと。

10月上旬の10日間という短い期間で撮影された本作。雰囲気を作り上げるため、大森監督は撮影前に、舞台となる河原で池松と菅田の2人でしばらく過ごすようにと時間を設けたという。
本番前には2人に「漫才にしないでガチで芝居をして欲しい」という言葉がかけられ、「台本はあるけれど、そのときそのときで相手が何を言っているのかを聞いて、そのつど考えてリアクションするように」と説く大森監督に、池松と菅田も絶妙な芝居で応えてみせた。

クールな内海を演じた池松は「そんなに急いで撮った感じでもないけど、終わってみたらあっという間でしたね。瀬戸と内海が過ごした時間もこんな感覚だったのかなと思いました」と、寂しげながらも充実した撮影であったことを明かしている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top