山崎賢人、“黒王子”演じるも素顔はドS感皆無「ドNです」

「オオカミ少女と黒王子」初日舞台挨拶

『オオカミ少女と黒王子』初日舞台挨拶

映画『オオカミ少女と黒王子』が28日に公開初日を迎え、本作に出演する二階堂ふみ、山崎賢人、鈴木伸之、門脇麦、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒、そして廣木隆一監督が都内の劇場で初日舞台挨拶を行った。


本作は八田鮎子による人気少女漫画を『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』の廣木隆一監督が実写映画化。二階堂ふみと山崎賢人のW主演で描く、嘘つき少女とドS王子のラブコメディ。

街で見かけたイケメンを盗撮し、女友達に彼氏だとウソをつく本作のヒロイン・女子高生のエリカを演じた二階堂は「久しぶりに制服を着ることができて、こういうキュンキュンする作品に出させていただくのも初めてだったので楽しかったです」と新鮮な現場を振り返る。相手役で、突然ドS王子に豹変する佐田恭也を演じた山崎の演技について、「本人と役柄のキャラクターが全然違うんですけど、難しい役に真摯に向き合っていて、素晴らしいなと思いました」と賞賛を送った。

二階堂のコメントを受けて、MCから「普段はドS感がない?」と聞かれた山﨑は「ないです」とキッパリ。菜々緒演じる姉の佐田怜香に平手打ちされるシーンでは、カメラワークの都合上、2回平手打ちをしたことを菜々緒が明かし、「ごめんね」と謝ると、「大丈夫です。痛気持ちよかったです。お芝居でビンタされたの初めてだったんですけど、初めてが菜々緒さんでよかったです」とフォロー。MCから「ドM王子じゃないですか」と突っ込まれると、「違います。ドNです。ノーマルです」と主張した。

舞台挨拶では、最強黒王子&黒王女を決めようということでキャストがドSエピソードを披露。
山崎は「友達と仲良くなると遊びの待ち合わせに遅刻するんですけど、遅刻した時にニヤニヤしてます。その友達の反応を見るのが楽しくて」と話すも、客席の反応はいまひとつ。MCから再び「まったくドS感がないですね」と言われ、「ないですね…」と苦笑いするしかなった。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top